七つの会議(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!主演:野村萬斎

この作品を見るならココ!

配信サービス 配信状況 無料期間

借り放題
30日間無料
▶今すぐ見る

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS/TVサイトにてご確認ください。

この作品の配信中サービス比較

◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
(税抜)
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

FOD PREMIUM
2週間
888円
4万本
100P

U-NEXT
31日間
1990円
19万本
600P

Hulu
2週間
933円
7万本
なし

Paravi
2週間
925円
非公開
なし

TELASA
30日間
562円
1万本
なし

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
なし

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

※TSUTAYA DISCASの新作・準新作は無料期間終了後借り放題対象となります。

ここからは深堀して七つの会議(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください。

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

七つの会議(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

七つの会議(映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVのメリット・デメリット、登録方法・解約方法を詳しく見る >>

七つの会議(映画)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画は、画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

またそういった動画をダウンロードすることは完全に違法行為となりますので止めておきましょう。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVで安全に視聴する方法を詳しく見る >>

七つの会議(映画)の作品情報

タイトル 七つの会議
制作 2019年
公開日 2019年2月1日
キャスト 野村萬斎/香川照之/及川光博/片岡愛之助/小泉孝太郎/勝村政信/ほか
原作 池井戸潤(集英社文庫『七つの会議』)
公式サイト http://nanakai-movie.jp/index.html
公式SNS Twitter
主題歌 ボブ・ディラン『Make You Feel My Love』

七つの会議(映画)のあらすじ

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。ある日突然、社内で起こったトップセールスマンである課長・坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。絶対的な存在の営業部長・北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた…。

出典:『七つの会議』公式ページ

<↑目次に戻る↑>

七つの会議(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

七つの会議(映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

キャスト・脚本・監督検索
※俳優名のリンククリックで関連作品やその他詳細が確認できます。
野村萬斎/八角民夫 役
香川照之/北川誠 役
及川光博/原島万二 役
片岡愛之助/坂戸宣彦 役
藤森慎吾/新田雄介 役
岡田浩暉/佐野健一郎 役
土屋太鳳/三沢奈々子 役
小泉孝太郎/奈倉翔平 役
立川談春/江木恒彦 役
勝村政信/加茂田久司 役
役所広司/加瀬孝毅 役
鹿賀丈史/梨田元就 役
橋爪功/宮野和広 役
北大路欣也/徳山郁夫 役
丑尾健太郎/脚本
李正美/脚本
福澤克雄/監督

さらに映画(邦画)の人気作品をジャンル別でチェック >>

七つの会議(映画)の原作ってあるの?

映画『七つの会議』の原作は 池井戸潤さんの小説『七つの会議』になります。

池井戸潤さんのそのほかの作品では『空飛ぶタイヤ』や『下町ロケット』などの連載があります。

数々の賞を受賞し、作品が実写化されている人気小説家、池井戸潤さんの『七つの会議』が映画の原作となっております。

章ごとに主人公となる人物が変わり、様々な登場人物の視点で物語が進む構成でどんどん物語に引き込まれ、続きが読みたくなる作りはさすが池井戸潤さんといった感じですね。

七つの会議(映画)の主題歌を歌うのは ボブ・ディラン

映画『七つの会議』の主題歌を歌うのは ボブ・ディランさんの『Make You Feel My Love』です。

ボブ・ディランさんのラブソング『Make You Feel My Love』が映画のテーマ曲となっており、切なくも美しい楽曲が映画を盛り上げてくれますね。

こちらの楽曲は1997年に発売したボブ・ディランさんのアルバム「Time Out of Mind」収録曲なのですが、時が経っても色褪せない名曲となっております。

<↑目次に戻る↑>

七つの会議(映画)を観た視聴者のレビュー・感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

現代社会での大手企業ってこんな感じなのかなあ?って怖くなった作品でした。本気のストレス社会を描いています。上司に逆らえないとか、パワハラとか、隠蔽とか改ざんとか。どろりとした会社の中身を見せてもらった気がします。野村萬斎さん演じる「八角」は、なかなか実際いたら面倒臭い社員だなって思います。働かない・ぐうたら・居眠りばかり。忙しい時だって平気で有給を取る。そんな人会社にいたら、実際のところはリストラの対象でしょうね。でもそうならない。不思議。とある一課長と女子社員が、なんとなく怪しみいろんな問題を調べていくうちに、なんだか奥深いことになっていく。見ていくうちに「八角」さんとは何者?!という疑問が湧いてきます。そのキャラはかなりインパクトのあるキャラですが、野村萬斎さんならではの演技かな?って思います。さすがというか。最初は奇妙な感じでしたが、だんだんシリアスな表情もあり、役にはまってきていたので、強烈なキャラクターが自然な感じに思えてきました。他の俳優陣も豪華で、圧巻の演技。ラストでは、黒幕に意外性もあって、そして会社なんてこんなものっていう、悲しい事実もあって。でも、良心の残る人によって正しい行いがされる。実際にはこういう善人はいないのかもしれないけど、こうであってほしいなって思えた作品です。


30代女性
★★★★★

登場人物がかなり多く、様々な視点に変わり、語りが始まるので、終始飽きることなく見れて面白かったです。池井戸作品に多いですが、野村萬斎や片岡愛之助などの狂言、歌舞伎役者などが出演しているので、演技力ももちろんあり、その上迫力や声量などが抜きん出ていました。主人公は、万年二番手だったのに、営業部の優秀な課長の降格によっていきなり昇格され、謎を追っていく及川光博のように見えますが、過去の事件がきっかけでぐうたら社員になってしまい、ストーリーを通して覇気を取り戻す野村萬斎が真の主人公なのではと思います。不祥事やミスにしても、一人のミスではなく、何人もの思惑やずるさが重なっていくので、一つ一つ解明していく過程で夢中になれました。性格が悪かったり、自己中な登場人物ばかりですが、最終的には勧善懲悪で、全員の悪事が暴かれるのですっきりしました。会社という社会で働いていると、上司の重圧や、理不尽な要求にストレスがたまりますが、この映画はその会社の嫌なところを濃縮したような映画で、共感できる人も多く見やすいと思います。謎の解明にしても、説明がしっかり入るので、見ている人を置いてけぼりにするようなこともなく、全体の評価としてとても良かったです。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

企業の裏を暴く小説で有名な池井戸潤の原作を映画化した作品です。一見企業戦士から外れたちょっと不良会社員だが、実は物凄く優秀であるがゆえにわざと表から外れた主人公を、野村萬斎が「これでもか!」と言わんばかりの顔芸で魅せてくれます。また同じ池井戸作品の「半沢直樹」に出演している北大路欣也、片岡愛之助、及川光博、香川照之など、凄腕の役者が勢揃いし迫力の演技合戦がスクリーンからビシビシと伝わってきます。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」の福澤克雄監督です。今回も期待を裏切らず序盤から少しずつ加速して最後は一気に魅せてくれます。80年代~2000年代に起きた企業のリコール隠し事件を元に、一度は希望を失っていた人間が再び立ち上がる姿を見ていると、見ている側がスカッと爽快になれます。過去の企業事件を元にしていますが、現在も本当の意味で縦割りや男尊女卑から抜け出せず、根本的に企業戦士の姿は変わっていない、相変わらずリコール隠しも起きている現在の企業に、力強く説得する作品になっていて、昔の「白い巨頭」などに通ずると思いました。野村萬斎の序盤のやる気のない雰囲気から徐々にエリートである本性を表すところなど、
能で培った技術が遺憾なく発揮されていると思いました。それと相棒になる及川光博が観客と同じ目線で動くので、見る側も分かりやすく、とても面白いです。そして香川照之は相変わらず演技達者で野村萬斎とがっぷり四つに組んでいます。無言の北大路欣也の演技も素晴らしいです。


50代男性
★★★★★

都内のとある中堅電機メーカー東京建電を舞台に、会社の不祥事に対処していく1人の社員 八角民夫(野村萬斎)の生き様を、そうそうたる豪華キャストと共に描き上げた、名作と言える作品の1つです。仕事は「結果がすべて」だとされる東京建電で、主人公である八角はかつては凄腕のエリート営業マン。しかしながら、そんな彼はこともあろうか、今では俗に言う「グウタラ社員」で万年係長。なぜ、彼がそんな風になってしまったのか?その謎は気になるのですが、それには触れることなくドラマは進行していきます。そんな彼を不信に思う営業1課の課長(及川光博)とその部下である浜本(朝倉あき)が、探偵役という設定で八角を調査していきます。
数々と明らかになっていく事実の中で、八角が気付いた会社の不祥事とは一体なんなのでしょうか?そして彼は、どう対処していくのでしょうか?また会社は、最終的にどんな判断を下すのでしょうか?ワクワク、ドキドキで興味は尽きません。エリート→グウタラと変化した八角の謎解きも是非お見逃しなく。
最後の結末をどう受けとめるかは、あなたです。是非お楽しみください。もしもあなたが「半沢直樹」であるとしたら、間違いなくこのドラマは必見です。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

原作は読んでいません。半沢直樹を見ていた、見ている人にはとても嬉しいキャスティングです。やはり顔の圧はすごく、みなさん濃い。キャラクターも濃すぎます。及川光博さんは王子キャラのイメージが強いのですかちょっとなよっとしてて頼り甲斐のない男を演じていました。ちょっと今までにない彼も見られてよかったです。野村萬斎さんは演技を見たことがなかったのですがいやみったらしい男で味方なのかそうでないのか最後まで分からずハラハラしました。言動が不思議すぎて。またオリエンタルラジオの藤森さんはまさかまさかの不倫男。クズな男がすごく似合います。朝倉あきさんは男性陣が多い中紅一点、不倫から抜け出して色々と周りを見渡すことのできる強い女性。だんだん自分を変えていこうという意志の強い役だと思いました。ユーモアなシーンもあったりハラハラしたりするシーンもあり、だれることもなくテンポよく見れました。人物が多い気もしますがそれぞれ個性も強かったので大丈夫だと思います。香川照之さんが好きな人は最後の最後までしっかり見ていたら笑ってしまうところもあります。やはり彼は真剣なところだけでなくてコミカルな演技もできる人だと実感しました。

<↑目次に戻る↑>

七つの会議(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

七つの会議(映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

部下のパワハラ告発により巻き起こる波乱、そして次々に隠された真実が明るみになっていくストーリーは続きが気になる作りで最後まで楽しめますね。

主演の野村萬斎さんはじめ実力派キャストが勢揃いしており、迫力満点です。

また、「働く」という身近なことがテーマになっているため、様々な立場の方に刺さる作品になっていますし、色々と考えさせられるストーリーとなっております。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる