【ラピュタ】ドーラの本名や年齢は?名言や息子たちも紹介!

スポンサーリンク
天空の城ラピュタ

ジブリ映画『天空の城ラピュタ』で密かに人気があるのが、ドーラ一家。主人公のパズーとシータを支えてくれる重要な存在ですよね。

ドーラ一家の詳しい情報を知りたい!という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ドーラと息子たちの名前や特徴について、詳しく紹介していきます!

\映画館に行く前に知らなきゃ損/

○○を活用して映画をおトクに鑑賞する方法

スポンサーリンク

ドーラのプロフィール!本名・年齢など

本名マ=ドーラ
年齢50歳以上
身長高め
声優初井言榮
性格豪快で面倒見が良い

ドーラの本名はマ=ドーラ

年齢ははっきりとは分かっていません。ただ、劇中で「だてに女を50年やってるんじゃないよ」と言っていることから、50年は生きていると考えられます。

大柄な息子たちにも劣らないほどの体格なので、女性にしては少々高めの身長です。息子たちを追い抜けるほど足が速く、大きなバズーカを使いこなせるため、驚異的な体力を誇ります。

一方で、盗聴した軍の無線を解析したり、そろばんを使いこなしたりするシーンがあるため、頭脳派でもあるのです。リーダーとしてかなり優秀ですよね。

ドーラの声優は「初井言榮」さん

ドーラの声を演じたのは、女優の初井言榮さんです。

過去にNHK大河ドラマに何度も出演するほどの名女優ですが、声優としても大きく活躍されました。

代表作は、『ラスト・エンペラー』の西太后役、『愛と喝采の日々』エマ役などです。

ドーラが肉を頬張るシーンでは、リアリティーを追求し、実際にハンカチを口に含んで収録したというエピソードがあります。

ドーラの職業は「空賊」

ドーラは空の海賊、いわば「空賊」を生業としています。

当初は貴重な宝石である飛行石を求め、シータを追いかけていました。

のちに事情を知り、パズーとシータの強力な味方となってくれます。

実は「金持ちしか襲わない」「人の命を奪わない」といったモットーがある、心優しい空賊です。

ドーラ一家の乗り物は「タイガーモス号」

ドーラ一家が本拠地としている大きな船の名前は、タイガーモス号。

ツェッペリン型と呼ばれる、木製の枠組みや布でできた飛行船です。

エンジンは1891年に開発された、セミ・ディーゼルだと言われています。

ドーラの息子「ドーラ一家」の愉快なメンバーたち

ドーラの下で一緒に行動している息子たちのことも気になりますよね。

一人ずつ解説していきます!

筋肉×モジャモジャ髭の長男「シャルル」

シャルルはドーラの長男で、年齢は30歳。モジャモジャとした髭をたっぷり蓄えています。

物語の前半で、パズーの親方であるダッフィーと筋肉で張り合いました。

腕っぷしが強く、ドーラの次に格が上です。

悪く言えば単純ですが、よく言えばまっすぐな性格をしていて、台所で仕事をしているシータには恥ずかしげもなく花を渡していました。

ラピュタから逃げてきた際には、奪ってきた財宝をシータに見せてウィンクするという、少々お茶目な一面も。

ちょび髭の次男「ルイ」

ちょび髭がトレードマークのルイは、ドーラの次男で、年齢は25歳。

シータに気があり、台所での仕事姿に思わず「いい…!」と呟いていました。

少し気が小さいものの、優しい男です。

存在感薄めの三男「アンリ」

そばかすはあるが髭はないのが、ドーラの三男のアンリ。年齢は20歳です。

まだまだ若いためかマザコン気味で甘えたな性格をしています。

劇中では一度も名前を呼ばれていないため、本名を知る人は少ないようですね。

整備士(機関士)のじっちゃん「ハラ・モトロ」

タイガーモス号の専属整備士をしているおじさんは、ハラ・モトロ

『千と千尋の神隠し』の釜爺に似た顔をしており、禿げあがった頭に分厚い丸メガネ、左右に広がった髭が特徴です。

手伝いをしてくれるパズーのことを可愛がっています。崩壊するラピュタから逃げたとき、いち早くパズーに気が付いたのもハラ・モトロでした。

先代のドーラの父親の代からいる古株の船員で、怒らせるとドーラよりも怖いのだとか。

モブキャラ「カ・キ・ク・ケ・コ」

ドーラの実の子供ではないものの、子分である船員たちの名前は、カ、キ、ク、ケ、コ

順番に、ポルトガル、エジプト、中国、日本、セネガルが故郷と言う設定です。

ドーラの若い頃が超絶美人だった?

シータに突き放されて落ち込んでいるパズーに対し、ドーラはシータのことを「あたしの若い頃にそっくりだよ!」と言っていました。

その真相はドーラの私室に飾ってある、若かりし頃のドーラの肖像画で分かります。

確かにシータそっくりの美人!

ということは、シータもいずれ歳をとるとドーラのような外見になるのでしょうか?

シャルルが言っていた「信じられるか?あの子がママみたいになるんだぞ」というセリフと同じ気持ちになりますね…。

ドーラの旦那は天才科学者だった?

ドーラの夫は亡くなっており、劇中には登場しません。

その正体は、天才科学者。タイガーモス号を作ったのもドーラの夫だったのだとか。

そのほか、2人乗りの空飛ぶ乗り物「フラップター」をはじめ、ドーラ一家が使用している道具のほとんどが彼の発明だと言われています。

劇中に登場こそしないものの、妻や息子たちに残した財産に、彼の影を感じることができますね。

ドーラの名言まとめ!

ドーラが残した数々の名言たちを振り返ります!

名言1:凄い…欲しい!

パズーとシータは谷へ落ちてしまうものの、飛行石の力によって落下速度が緩やかになり、命が助かります。

ドーラがそんな飛行石の力を目の当たりにし、思わずつぶやいた一言です。

飛行石の真の価値が分かりますます欲しくなった、海賊の性がよく表れています。

名言2:海賊が財宝を狙ってどこが悪い

シータが閉じ込められていた要塞に行くも、助けること叶わず帰宅したパズーでしたが、自宅はドーラ一家に占拠されていました。

「それでもお前、男かい」と言うドーラに対し「いばるな。お前たちだってシータを狙ってるじゃないか!」と言い返したパズーへ、あっけらかんとドーラが放ったセリフです。

すがすがしいまでに、海賊であることを誇りに思っていることが分かりますね。

名言3:だてに女を50年やってるんじゃないよ

シータはパズーを助けるため、あえて冷たいことを言って突き放しました。

すぐにシータの意図に気が付いたドーラに息子たちが「よく分かるなあ」と感心したところ、ドーラが言ったセリフです。

パワフルな海賊船の船長とはいえ、女性は女性。この後もシータに同性ならではの助けをくれるのがドーラなのです。

名言4:40秒で支度しな

ドーラ一家がシータの捕まっている要塞へ行くと知り、仲間にしてくれと頼むパズー。

その願いを聞き入れたドーラは、パズーを縛っていたロープを切ってやりながらこう言いました。

パズーとドーラの2人が協力関係を結んだ、とても印象に残る名場面ですよね。

名言5:船長と呼びな

シータを助けるため、パズーがドーラの操縦するフラップターに相乗りし、要塞へと向かった場面。

ドーラのことを「おばさん」と呼び続けていたパズーに対して、ドーラはこのように命令しました。

パズーを一家の仲間だと認めた瞬間だと言っていいでしょう。

名言6:最後のチャンスだ!すり抜けながらかっさらえ!

軍からの攻撃や燃え盛る要塞から、パズーがいよいよシータを助け出す直前のセリフです。

タイミングを見極め、的確に命令する。かっこいい船長としてのドーラの姿が光ります。

名言7:泣き言なんか聞きたかないね、何とかしな

タイガーモス号が「竜の巣」と呼ばれる積乱雲へ巻き込まれそうになったときのこと。

整備士であるハラ・モトロが「ドーラ、エンジンが燃えちゃうよ」とエンジンの限界を訴えたところ、問答無用でこう告げられました。

一見すると怖い上司のように思えますが、一家のことを信頼しているからこそ出た言葉でもあります。

ドーラやドーラ一家のその後…最後はどうなった?

物語のエンディングで、無事にラピュタから生還できたパズーとシータは、大きく手を振りながらドーラ一家と別れています。

映画ではそこで一同の様子は分からなくなっていますが、実は、小説版にその後の様子が描かれているのです。

パズーとシータはそれぞれ故郷へと戻り、その後は文通によって互いの近況を知らせ合うのですが、その中にドーラ一家のことについても書いています。

2人の交わした手紙によると、ドーラ一家は軍人に支払われるための給金を政府から強奪したとあります。ドーラ一家は変わらず、空賊としての生活を続けているようです。

これからもパズーやシータのことを気にかけたり思い出したりしながら、にぎやかな暮らしを送っていくのではないでしょうか。

コメント

映画好きさんにおすすめのVOD3選

→おすすめのVODをチェックしてみる♪

タイトルとURLをコピーしました