江口洋介さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

(出典:Wikipedia)

目次

江口洋介さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

江口洋介さん情報
生年月日:1967年12月31日
出身地:東京都豊島区
身長:185cm
血液型:O型
結婚:有(森高千里)
所属事務所:株式会社パパドゥ

江口洋介さん出演の主な映画・ドラマ

主な出演映画

湘南爆走族(1987年)
アンフェア the movie(2007年)
GOEMON(2009年)
るろうに剣心(2012年)
るろうに剣心 京都大火編(2014年)
るろうに剣心 伝説の最期編(2014年)
天空の蜂(2015年)
孤狼の血(2018年)
BLEACH 死神代行篇(2018年)
コンフィデンスマンJP-ロマンス編-(2019年)
コンフィデンスマンJP -プリンセス編-(2020年)

主な出演ドラマ

東京ラブストーリー(1991年)
101回目のプロポーズ(1991年)
愛という名のもとに(1992年)
ひとつ屋根の下(1993年)
救命病棟24時(1999年)
涙をふいて(2000年)
救命病棟24時 第2シリーズ(2001年)
救命病棟24時スペシャル2002(2002年)
ランチの女王(2002年)
白い巨塔(2003年)
新選組!(2004年)
救命病棟24時スペシャル2005(2005年)
救命病棟24時 第3シリーズ(2005年)
救命病棟24時 第4シリーズ(2009年)
救命病棟24時〜2010スペシャル〜(2010年)
軍師官兵衛(2014年)
黒革の手帖(2017年)
BG〜身辺警護人〜(2018年)

江口洋介さんの受賞歴

第20回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(1999年)
第30回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(2001年)

江口洋介さんのレビュー・評価

江口洋介さんへの個人的評価

江口さんは私が生まれる前から大ヒットドラマに多数出演されています。

私の両親の世代に大ヒットしたドラマだということを以前母から聞きました。

それを聞いて私はそんなにも演技が上手な俳優さんなんだ、見てみたいなと思っていましたがなかなかタイミングや予定が合わずずっと江口さんが出演されている作品を見ることが出来なかったんですが昨年、放送された「永遠のニシパ 〜北海道と名付けた男 松浦武四郎〜」でようやく江口さんの演技を見ることが出来ました。

演技を見て私が思ったのは江口さんは目力が強くて目で訴えかけるような演技をされる方だということです。

そして江口さんの歴代出演作品を見てみるとドラマも映画もシリーズものに出演されることが多いです。

母が江口さんのファンなのですが以前江口さんが言ったある言葉を教えてもらったんです。

「何とかはい上がって人生を立て直すには、結局同じことに挑戦すること、そこから逃げないことが大事。」という言葉です。これが私の心の中にストンと落ちたんです。とても響きました。

この言葉は私も含め今の若い世代みんなに心に刻んでほしい言葉です。江口さんの言葉を聞いたすべての人の心に残る大事でカッコいいことをサラッといえてしまうのが男性からも女性からも支持される理由だと思いますし、それが江口洋介さんの魅力です。

江口洋介さんへの個人的評価

江口洋介さんといえば、やはり「救命病棟24時」のイメージがあります。

初めて、私が江口洋介さんを見たのは、「東京ラブストーリー」の三上くんで、1990年代はロン毛でチャラい役を主にやられていたのだろうなという感じです。

この三上くん、嫌いなわけではないのですが、チャラチャラしやがって、と思っていたので、あまり好きではありませんでした。しかし、ひとつ屋根の下で、’あんちゃん’として家族をまとめていたり、素直に感情を表現する、真っ直ぐに家族を大事にしている役を見て、少しずつ感じ方が変化していきました。

そして、なんといっても「救命病棟24時」では、進藤先生が本当にかっこよかったですし、こんなお医者さんに診てもらいたいなと感じました。このドラマは何度もシリーズ化され、脚本も良かったのだと思いますが、演技もわざとらしくなく、すごくナチュラルで上手かったです。

正直、初めて見たときの三上くんとは、同一人物だとは思っていません。

それくらい、役柄が180度変化したからです。

また、最近では胡散臭い役だったり、ヤクザ役、などをやっているのを見ましたが、演技の振り幅が広いなと思っています。白い巨塔の時の里見先生として、財前先生が最後にガンで亡くなった時の「おい財前!」と言っていた時は、私は一筋の涙が流れました。実生活でも、奥様と仲が良いようなので、仕事も上手くいっているのかもしれませんね。これからも、色々な役をやって頂きたいですし、楽しみにしています。

目次
閉じる