コクリコ坂から(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービス

(出典:スタジオジブリ)

コクリコ坂から(ジブリ映画)は、2011年に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画になります。

学生運動が華やかだった1960年代を舞台にしており、またその中で高校生の男女の青春と恋愛を描いた作品となっています。

コクリコ坂から(ジブリ映画)のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじ・感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

[afTag id=792]

※目次のクリックでジャンプして見られます♪

目次

コクリコ坂から(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

コクリコ坂から(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVについてはさらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://toriko-movie.jp/tsutaya-movie/]

コクリコ坂から(ジブリ映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=8450]

<↑目次に戻る↑>

コクリコ坂から(ジブリ映画)のフル動画をAnitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

Anitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

コクリコ坂から(ジブリ映画)を安心・安全に無料視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVを詳しく見る >>

コクリコ坂から(ジブリ映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

1980年に『なかよし』に連載された同名コミックを、「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督で映画化した長編アニメーション。1963年の横浜を舞台に、学生運動に身を焦がす若者たちの姿と、出生の秘密に揺れる一組の男女の恋の行方をノスタルジックに綴る。1963年、横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”。ここに暮らす16歳の少女、松崎海は、大学教授の母に代わってこの下宿屋を切り盛りするしっかり者。そんな海が通う高校では、歴史ある文化部部室の建物、通称“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が起こっていた。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会い、2人は次第に惹かれ合っていくのだが…。

出典:TSUTAYA DISCAS『コクリコ坂から』

コクリコ坂から(ジブリ映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

昭和の時代を舞台にした少年少女の学生生活や恋愛の物語となっていて、初めて見たときは共感できる部分が少ないように思い、期待をしていなかったのですが、観ていくうちに作品の世界観にのめり込む様になりました。今の時代では便利になり見かけない道具がたくさん出てきたり、学生生活における活動なども昔ながらで描かれていて昭和の時代を生きていなくても想像することが出来ました。個人的にはレトロな雰囲気がとても大好きで、今の学校でもこう言うのがあったら良いのになと思うものも多かったです。恋愛も今の時代は携帯一つで何でもすぐに連絡を取り合うことができますが、携帯がなかった時代だからこそ会えない時間に相手のことを考えたり想像したりすることもできて、不便のようで実は満たされていたように感じました。戦争のあった時代は子供を育てられず知人に託すこともあったのかと思うと少し悲しくはありましたが、学校帰りに買食いをするシーンはいつの時代も同じなのだと安心しました。人を好きになるというのはある意味縁の繋がりなんだろうなと思いロマンスを感じました。こういう時代に生きて恋愛してみたかったと思うくらい、愛おしい作品になっていてとても楽しめました。


30代男性
★★★★★

学生が主導となって学園生活や大人に対して行動することに今とは全然違うなと感じました。戦争後の日本を舞台にしていたので暗い話かなと思いましたがその中で必死に生きていく主人公と好意を寄せている男性との淡い恋に素晴らしさを感じました。お互いに同じような環境で育ち、惹かれあっていく姿が好きでしたし、バス停で告白するシーンは今でも思い出に残っています。話では同じ親という設定が描かれていたことに結ばれないのかと切なくなりましたが話が進んでいくごとに実際の親が違うことがわかり、また惹かれ合うシーンは本当に良かったと思いました。学生運動という言葉は知ってますがこの映画を通してこんな時代もあったんだと驚きました。大人にも勇敢に立ち向かう学生とこの当時にも良い大人がいたんだなと考えさせられました。認められるように必死に努力する学生の姿に青春だなと感じました。見どころは最後の自分達の親が別々だったことを知るシーンには感動しましたし、大人も隠さずそれを話してくれたことに涙が出ました。それを素直に受けとめたことに2人の関係がわかりますし、お互いに惹かれあってるんだと思いました。何度も見た作品ですしまた見たくなる作品だと思います。

視聴した感想・ネタバレ

10代女性
★★★★★

主人公である女子高校生松崎海は下宿を切り盛りしています。父は船乗りでした。しかし海がまだ幼いころ、朝鮮戦争で帰らぬ人となりました。海は父への思いから毎朝は旗を掲げています。その姿を思わせる詩が学校新聞に掲載され、海は新聞部に興味を持ちます。新聞部は、カルチェラタンと呼ばれる文化部の部室を有する古い建物内にありました。そこで、カルチェラタン取り壊しに反対する運動を行う風間俊に出会います。二人は互いに惹かれ合い交流を深めます。しかし、俊は海の部屋で海の父の写真を見て、海に対して距離を置くようになります。海が俊に訳を尋ねると俊は、戸籍を調べたところ俊と海の父親が同じであることが判明したことを告げました。二人は兄弟でした。今までと変わらない関係でいようと告げられた海はショックで寝込んでしまいます。その後、以前新聞に掲載された詩を書いたのは俊であることを海は知りました。兄弟であっても好きだと海は俊に告白し、俊も海が好きだと言いました。しかし、海の父親が親友であった俊の父親から俊を引き取って、戸籍上の父親となったことが分かります。俊と海は兄弟ではありませんでした。その後カルチェラタンの存続に沸く観衆の合間を抜け、海と俊は二人の父親の親友であった船乗りに会いに行き、真相の詳細を聞きます。そして翌日、海は普段と変わらず旗を掲げます。おすすめは自転車に二人乗りをして坂道を駆け抜けていくシーンです。海と俊のもどかしい関係にキュンとします。


20代女性
★★★★★

「コクリコ坂から」はゲド戦記に続いて宮崎吾郎監督が2回目の監督をしたジブリ映画です。
この映画の見どころは何といっても昭和ならではの懐かしさや切なさが表現されているところです。
「コクリコ坂から」舞台は1964年の東京オリンピックを間近に控えた日本ということで、親が戦争体験者であり、戦後間もない頃に生まれた青年たちのお話でした。
そのため、映画の中では今の日本では見られない昭和の町の風景や、挿入歌になっている坂本九さんの「上を向いて歩こう」などがとてもマッチしていて、どこか懐かしさを感じさせる映画になっています。
主人公の海と風間さんの恋愛模様も、とても切なくて、素敵な描写になっていて見ごたえ抜群です。
恋愛の描き方も昭和ならではの描写になっているので、今とは違い携帯電話やスマホがないため、どちらかが待ち伏せしたり、たまたま会えることを期待して姿を目で探したり、自転車に2人乗りでお肉屋さんに行ってコロッケを食べて帰ることが2人でできる特別な寄り道という切なさや登場人物の想いがスクリーンを通してより伝わってきます。
なかでも素敵だったシーンが、校舎の取り壊しを防ぐことに成功してみんなと一緒に喜んでいる海のところに風間さんがやってきて「メル!」と呼び、言葉を交わさずただ目を合わせて2人で走っていくシーンです。周りの生徒たちも「お~!」といって盛り上がり、先生も「エスケープか、青春だな」と受け入れてくれる温かな世界観がとても素敵でした。
「コクリコ坂から」は映画の世界観がとても素敵なので、見たことが無い方には是非お勧めしたいジブリ作品です。

視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★

私がお勧めする1つめの見どころは高校生の松崎海が恋する、新聞部部長の風間俊が異母兄弟であることをお互いの家が持っていた写真から風間の父に聞いたりして分かり、一時、ショックを受けるが、アメリカから帰ってきた海の母や写真に写っている小野寺に聞いたら違ったというところです。異母兄弟だとわかったときは私もかわいそうだと思いましたが、最後にどんでん返しがあって、ほっとしましたよ。
2つめの見どころは松崎海の声を俳優の長澤まさみさん、風間俊の声をV6の岡田准一さんが演じていることです。その他にも風間の父の声をドラマの「私の家政夫ナギサさん」に出ている大森南朋さん、海らが通う高校の理事長の声をドラマの「半沢直樹」に出ている香川照之さんが出ていて、今見るとびっくりしますよ。また、意外なところで小野寺の声をドラマの「警視庁・捜査一課長」に出ている内藤剛志さん、海が慕う北斗美樹の声をドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」に出ていた石田ゆり子さんも出ています。
3つめの見どころは時代背景が昭和30年代で、映画の「となりのトトロ」のような感じが出ていて、部室棟の「カルチェラタン」や海の家は古いのだけど、どこかおしゃれだと感じます。

コクリコ坂から(ジブリ映画)の原作ってあるの?

コクリコ坂から(ジブリ映画)の原作は、日本の漫画原作者である佐山哲郎さんの『コクリコ坂から』になります。

佐山哲郎さんはその他にも『はるかなるレムリアより』『タランチュラのくちづけ』など漫画原作されています。

コクリコ坂から(ジブリ映画)の主題歌を担当されたのは手嶌葵さんの『さよならの夏~コクリコ坂から~』

(出典:『コクリコ坂から』公式)

コクリコ坂から(ジブリ映画)の主題歌を担当されたのは手嶌葵さんで『さよならの夏~コクリコ坂から~』になります。

手嶌葵さんはジブリ作品によく起用されていますが、透き通る歌声と丁寧な歌い方には、うまいとか下手とかという次元ではなく、ジブリの世界観を引き出す特別ものを感じてしまいます。

<↑目次に戻る↑>

コクリコ坂から(ジブリ映画)の声を担当した出演者情報とキャラクター

コクリコ坂から(ジブリ映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

コクリコ坂から(ジブリ映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

長澤まさみ(松崎海 役)

こんな作品にも出演
映画『嘘を愛する女』(2018年)
映画『散歩する侵略者』(2017年)

アニメ映画『君の名は。』(2016年)※奥寺ミキ役で声の出演

アニメ映画『ドラえもん のび太の宝島』(2018年)※フィオナ役で声の出演

岡田准一(風間俊 役)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『木更津キャッツアイ』(2002年)
TBSドラマ『タイガー&ドラゴン』(2005年)
映画『ザ・ファブル』(2019年)
映画『海賊とよばれた男』(2016年)
映画『永遠の0』(2013年)
映画『SP THE MOTION PICTURE』(2010年)
アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※アレン役で声の出演

石田ゆり子(北斗美樹 役)

こんな作品にも出演
映画『マチネの終わりに』(2019年)
映画『コーヒーが冷めないうちに』(2018年)
アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)※おキヨ役で声の出演

竹下景子(松崎花 役)

こんな作品にも出演
NHKドラマ『胡桃の部屋』(2011年)

フジテレビドラマ『サザエさん 』(2009年)

映画『一人の息子』(2018年)

映画『聖の青春』(2016年)

映画『男はつらいよ 知床慕情』(1987年)

映画『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)※二郎の母で声の出演

香川照之(徳丸理事長 役)

こんな作品にも出演

大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)

TBSドラマ『半沢直樹』(2013年)

TBSドラマ『半沢直樹2』(2020年)

日本テレビドラマ『アンフェア』(2006年)

TBSドラマ『ダブルフェイス』(2012年)

TBSドラマ『MOZU』(2014年)

TBSドラマ『流星ワゴン』(2015年)

TBSドラマ『小さな巨人』(2017年)

TBSドラマ『集団左遷!!』(2019年)

映画『ザ・マジックアワー』(2008年)

映画『20世紀少年』(2008年)

映画『 アンフェア the answer』(2011年)

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年)

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011年)

映画『祈りの幕が下りる時』(2018年)

映画『七つの会議』(2019年)

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※ウサギ役で声の出演

大森南朋(風間明雄 役)

こんな作品にも出演

風間俊介(水沼史郎 役)

こんな作品にも出演

TBSドラマ『マッチング・ラブ』(2013年)
読売テレビ・日本テレビドラマ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』(2019年)
映画『少女椿』(2016年)
映画『猫なんかよんでもこない。』(2016年)

柊瑠美(広小路幸子 役)

こんな作品にも出演
アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)※千尋役で声の出演
アニメ映画『崖の上のポニョ』(2008年)※婦人役で声の出演

風吹ジュン(松崎良子 役)

こんな作品にも出演
大河ドラマ『八重の桜』(2013年)
TBSドラマ『オレンジデイズ』(2004年)
フジテレビドラマ『フリーター、家を買う。』(2011年)
映画『マチネの終わりに』(2019年)
映画『海街diary』(2015年)
映画『永遠の0』(2013年)
アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※テナー役で声の出演

内藤剛志(小野寺善雄 役)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『家なき子』(1994年)
テレビ朝日ドラマ『警視庁・捜査一課長シリーズ』(2016年)
アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)※お父さん役で声の出演
アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※ハジア売り役で声の出演

鈴木敏夫(プロデューサー)

こんな作品もプロデュース

アニメ映画『魔女の宅急便』(1989年)※補佐

アニメ映画『おもひでぽろぽろ』(1991年)

アニメ映画『紅の豚』(1992年)

アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)

アニメ映画『耳をすませば』(1995年)

アニメ映画『もののけ姫』(1997年)

アニメ映画『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999年)

アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)

アニメ映画『猫の恩返し』(2002年)

アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)

アニメ映画『崖の上のポニョ』(2008年)

アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)

アニメ映画『レッドタートル ある島の物語』(2016年)

宮崎吾朗(監督)

こんな作品も監督

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)

<↑目次に戻る↑>

コクリコ坂から(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスのまとめ

コクリコ坂から(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

学生運動という中での青春と恋愛模様に、その時代を知らなくても、なんとなく懐かしさを感じる作品です。

[afTag id=792]

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる