黒川智花さんが出演するドラマ・映画の動画配信情報!

目次

黒川智花さん出演の主な映画・ドラマ

青色のリンクがある作品は、クリックすると現在無料で観られる配信情報やあらすじ・感想・ネタバレなど合わせて楽しめますので、気になる作品はぜひチェックしてみてください。

主な出演映画
  • プライド(2009年)
  • 君の心臓の鼓動が聞こえる場所(2009年)
  • 少女たちの羅針盤(2011年)
  • 恋する歯車(2013年)
  • LAST COP THE MOVIE(2017年)
主な出演ドラマ

黒川智花さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

情報
  • 生年月日:1989年8月1日
  • 出身地:東京都
  • 身長:159cm
  • 血液型:O型
  • 結婚:有(一般男性)
  • 所属事務所:研音

黒川智花さんのレビュー・評価

個人的評価①

黒川智花さんは1989年生まれ、研音所属の女優さんです。元々は読者モデルとして活躍していたところ、スカウトがきっかけで、女優へと羽ばたきました。テレビドラマへの出演として代表的な作品は「3年B組金八先生」「てるてるあした」などがあります。

また、ドラマ以外では「ほんとうにあった怖い話」「いま会いにいきます」他、多数出演されているという作品があります。

黒川智花さんの魅力はというと、正統派ビジュアルの女優として、黒髪、大きな愛らしい瞳、159cmという比較的に小柄な背丈、中肉中背の平均的ビジュアルということがいえます。

ここは結構大事なキーポイントになり、世間からの受けが良いという面で重要です。演技もまた愛らしい存在感を放っています。彼女の演技は、テレビドラマの脚本によって異なりますが、純情な役柄、意地悪な役柄と臨機応変に対応できる女優さんです。

臨機応変な役柄をこなしていく器用さと、忘れてならない笑顔が大きな魅力です。普通っぽい女性、その中でも可愛く、美しく、時にはセクシーで大人っぽい、そんな風に変化していくことができる女優さんと言えます。特に男性ファンが多く、普通よりも上であるということが人気のようです。

個人的評価②

黒川智花さんは、1989年8月1日生まれ、東京都出身、研音所属の女優さんです。

2001年から活動されており、「りぼん」モデルグランプリに選ばれたことをきっかけに読者モデルとして活動されていました。読者モデルとして活動している中で研音スタッフにスカウトされ、黒川智花として活動を開始しました。

2002年には「週刊サンデー」19号で初のグラビアとしてデビューしました。

テレビドラマ「名探偵コナン」では毛利蘭役を演じ、同年に放送されたテレビドラマ「愛なんていらねえよ、夏」では連続テレビドラマに初出演されました。

その後、映画「8.1」で映画初出演、2008年には演劇集団キャラメルボックス2008クリスマスツアー「君の心臓の鼓動が聞こえる場所」で初舞台を果たしました。

この他にも、ドラマや映画、舞台と幅広く活躍されています。その中でも2011年5月「私の頭の中の消しゴム 3rd letter」の朗読劇に初挑戦した舞台です。「アルツハイマー病に侵された少女」という難しい役柄を演じ、とても印象に残る素晴らしい演技でした。

特技はジャズダンスで、犬と亀を2匹と九官鳥・インコを飼っており、犬の名前はハナとヒメだそうです。

個人的評価③

黒川智花さんはとても幅広いジャンルの作品に出演してる素晴らしい方です。

「名探偵コナン」や「サザエさん」などのアニメの作品であったり、「水戸黄門」などの時代劇、「MIU404」や「刑事七人」に「警視庁・捜査一課長」や「相棒」などの刑事系など。

全く異なるジャンル、全てにおいて完璧な演技をするのはとても凄い事だと思います。特に時代劇は昔の人間を演じなければいけない、作法もしっかりと守らないといけない、非情に難しい役ばかりなのが事実です。

そんな作法や身嗜みなどきっちりと丁寧に一つ一つ熟す姿勢が美しく綺麗で好きです。

まさに大和撫子、昔からの伝統をしっかり守り視聴者に伝えているのではないかと思います。そして刑事物は一話限定などゲストで登場する事が多いですが、しっかりと存在感を発揮し見てる私たちの脳にも鮮明に記憶されています。

言葉は少なくとも魂が籠っていたり、どんな気持ちで自分の役と、主役の方と向き合ってるのか、ひしひしと伝わってきます。何方かといえば見た目が幼いのですが、幼さの間に垣間見えた大人の余裕、色気、妖艶さがまた私たちが演技に惹き込まれる魅力の一つでもあります。こんなにたくさんのジャンルを上手に熟せる黒川智花さんは素晴らしい人です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる