草刈正雄さん出演の映画・ドラマと気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

目次

草刈正雄さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

情報

草刈正雄さんのレビュー・評価

個人的評価①

はじめの頃は、スタイルのいいモデル出身の、ほんとに見た目が素敵なカッコいい役柄が多かったですが、「十字路」で、朗らかでおしゃべりなセールスマンを演じてコメディの楽しさを知ったことが転機になって、その後、映画「汚れた俳優」ドラマ「華麗なる刑事」「プロハンター」などでダンディな正統派二枚目からコミカルなキャラクター、時代劇「真田太平記」では真田幸村を熱演して、見事な演技力を発揮しました。1990年以降は「花の乱」「毛利元就」「古畑任三郎」などで悪役を演じ、「南くんの恋人」「イグアナの娘」ではヒロインの父親を熱演しました。

リシアスな役からコメディタッチのものまで幅広く演じて、年齢を重ねるごとに渋い味でさまざまな役柄をこなせる実力派俳優として、存在感を放っています。

「真田丸」で人気が爆発的に再燃して社会現象を巻き起こしました。初の写真集が出版されるほどの人気ですごかったです。朝ドラの「なつぞら」では、ヒロインを支える口数は少ないけれど、深い愛情を持ったおじいさんをさすがの演技力で存在感を放っていました。

完璧な二枚目だけではなく、どこかずっこけた部門ももっている役柄まで、さまざまな役柄をこなせて親しみやすい俳優として老若男女さまざまな人からの人気があります。

個人的評価②

「主役殺し」の異名を持つ草刈正雄さんは、1970年にモデルデビューしたことをきっかけに、俳優業、そして歌手として歌を出した売れっ子です。

製作者協会新人賞、エランドール賞・新人賞を受賞し、ドラマの挿入歌としてデビューした「センチメンタルシティー」はオリコン年間77位を獲得するなどの活躍ぶりを見せたのは、彼が20代半ばのことです。

当時は代表的な二枚目だったことは言うまでもありません。役者として、実に様々な役を演じている草刈さん。「十字路」ではコミカルなキャラクター、「汚れた英雄」「プロハンター」ではダンディな二枚目、「花の乱」「毛利元就」「古畑任三郎」ではハラハライライラする悪役として活躍し、「南くんの恋人」「イグアナの娘」「おそるべしっっ!!!音無可憐さん」ではそれぞれ印象に残るお父さんを演じています。

「汚れた英雄」でのレースシーンは、スタントマンが用意されていたにもかかわらず、本人がレーシングマシンを走行したのだから、身体を張って演技している様がよく分かります。最近では「なつぞら」にておじいちゃん役を徹してお茶の間にお披露目しました。幅広い年齢層の方にも彼の情熱的な演技が評価されています。

草刈正雄さん出演の主な映画・ドラマ

青色のリンクがある作品は、クリックすると現在無料で観られる配信情報やあらすじ・感想・ネタバレなど合わせて楽しめますので、気になる作品はぜひチェックしてみてください。

主な出演映画
  • 卑弥呼(1974年)
  • 汚れた英雄(1982年)
  • 新極道の妻たち 覚悟しいや(1993年) 
  • ULTRAMAN(2004年)
  • 篤姫ナンバー1(2012年)
  • 記憶にございません!(2019年)
主な出演ドラマ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる