溝端淳平さん出演の映画・ドラマと気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

目次

溝端淳平さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

情報

溝端淳平さんのレビュー・評価

個人的評価①

溝端淳平さんの魅力はなんといってもきらきらとしたまっすぐで綺麗な目です。見ていて吸い込まれそうになるくらい目に力を感じます。目は口ほどにものをいうという言葉もある通り、よどみのない綺麗な目は役を演じていても力強さと説得力が感じられます。

陰のある役やお調子者の役など多岐に演じていらっしゃいますがどれもとても合っていて素敵です。目から真っすぐさや素直さが伝わってきますので、信頼できる人という役がとても合っています。

主演よりは脇を固める俳優さんですが、その存在感はなくてはならない人材であると思います。そして愛されキャラであるブザービートや失恋ショコラティエで演じていたような真っすぐで素直な役だけではなく、陰のある役も演じ分けることのできる技術が素晴らしいです。

表に見せる表情や感情だけではなく、奥にある強いメッセージを自然に伝えることができる役者さんです。「赤い糸」や「麒麟の翼」などがその象徴です。

また溝端さんのその童顔の顔立ちとともに男らしい一面を覗かせる目線の置き方には視聴者を映画やドラマの世界に引き込ませます。その役を演じているというわけではなく、本当にその人物であるかのように自然とその人物になりきる能力が彼にはあるのではないでしょうか。

個人的評価②

ジュノンスーパーボーイで受賞したことから芸能界に出てきたこともあり、正統派のイケメン俳優です。俳優デビューされた年に出演した「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」は人気作品で、一気に注目される存在となりました。

恋愛系のドラマや映画が多いですが、正統派のキャラクターだけでなく「失恋ショコラティエ」では少し女々しい部分があるキャラクター、「BOSS」シリーズや「プロミス」のCMでは三枚目キャラの役など様々な役柄をこなしています。

また、近年では爽やかなイメージとはうって変わって、「仮面同窓会」で闇のある役柄も演じ、更に演技の幅が広がっています。主演で出演されることも多いですが、出演以外の役でもしっかりとした存在感があり、そのドラマや映画の良いアクセントやキーパーソンになっています。

バラエティーに出演された際にも、番宣のための主演という感じではなく、その番組をとても楽しんでいる様子で、フリートークもしっかりとできていますし、他の出演者ともとても明るく接しているのが好印象です。CMにも数多く出演されており、HYの「366日」のミュージックビデオ、舞台では女性役を演じるなど幅広い活躍です。

溝端淳平さん出演の主な映画・ドラマ

青色のリンクがある作品は、クリックすると現在無料で観られる配信情報やあらすじ・感想・ネタバレなど合わせて楽しめますので、気になる作品はぜひチェックしてみてください。

主な出演映画
主な出演ドラマ
  • 花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007年)
  • ハチワンダイバー(2008年)
  • 赤い糸(2008年)
  • ブザービート~崖っぷちのヒーロー(2009年)
  • BOSS(2009年)
  • 新参者(2010年)
  • BOSS 2ndシーズン(2011年)
  • 名探偵コナン 工藤新一への挑戦状(2011年)
  • 35歳の高校生(2013年)
  • 失恋ショコラティエ(2014年)
  • スカーレット(2019年)
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる