るろうに剣心(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスはこちら

『るろうに剣心』は、2012年に公開された日本映画になります。

TVアニメ化もされた超有名人気剣客漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」を実写映画化したこちらの作品。

主人公の剣心役・佐藤健さんはじめ豪華キャストが集結しており、殺陣シーンを始めとするアクションシーンの再現度など本当に素晴らしく、漫画から出てきたのかと錯覚してしまうほどです。

そんな映画『るろうに剣心』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次

るろうに剣心(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『るろうに剣心』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

通常有料のポイントで購入する作品ですが、初回限定ポイントが600ポイント付属されますので、そのポイントを消化して無料で見られるというカラクリになります。

会員を継続する場合は、毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も毎月実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://toriko-movie.jp/u-next-korea-movie/]

るろうに剣心(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=2997]

るろうに剣心(映画)のフル動画をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『るろうに剣心』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTのはこちらから>>

るろうに剣心(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

幕末に名を馳せた暗殺者“人斬り抜刀斎”。明治になって10年、緋村剣心と名を変えた彼は、斬れない“逆刃刀”を携えて人助けをしながら流浪の旅を続けていた。そんななか、女剣士・薫を救った彼は、ニセ抜刀斎を用心棒に抱える実業家の陰謀に巻き込まれる。

公式HPより引用

るろうに剣心(映画)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

とにかく佐藤健がめちゃくちゃかっこいい!
和服姿の佐藤健、とってもかっこいいです!佐藤健がもともとかっこいいのもあるのですが、演出がとても凝っているからこそ最大限に引き出されていると思います。最近の時代劇ってキレイすぎませんか?るろうに剣心はいい具合に肌や衣装が汚れていて髪もボサボサ。そのおかげで激しい戦闘の雰囲気がリアルに伝わってきます。太刀周りのシーンは圧巻ですよ!
佐藤健の演技力も見どころ!この映画の主人公・緋村剣心は、普段は穏やかだけれど剣術では鬼のように強いという二面性が何よりの特徴であり魅力。佐藤健はその二面性を見事に出しています。日常シーンでの優しい笑顔と柔らかな口調、戦闘シーンでの冷徹な目つきと引き締まった表情、引き込まれます。
演技力と言えば、敵役で登場している香川照之の演技も「さすが」の一言に尽きます。ドラマ「半沢直樹」で憎まれ役を見事に演じ切っていましたが、るろうに剣心でも香川照之らしい味のあるキャラクターに仕上がっています。見ている最中はすっごくむかつくんですが、見終わった後はなぜか憎めないんです。香川照之の敵役あってこそ、この作品は輝くんだよなぁと思えます。
ストーリーは勧善懲悪でスカッとすること間違いなし!
かっこいい戦闘シーンに胸を熱くしたい方、スカッとストレス発散したい方にはとくにおすすめの映画です!


40代女性
★★★★

るろうに剣心1は、見逃すくらい速いアクションが魅力
1回目は普通にみてたけど、アクションが速くてどんな行動をとったのか細部がわからなかった。大人数のバトルは剣術というよりもケンカっぽい。今は股下をくぐったな、すごいスライディングしてるぞ。壁を走って宙返りしたらいつの間にか木刀が剣心の手にあったけど、どうやったんだと疑問に思いながら見続ける。しかし速すぎて考えているとついていけない。そのせいか神谷道場でのバトルは、剣心が道場前で礼をするのが一番印象に残っているよ。あのシーンは少しゆったりとした間があったから、剣心の背中の動きがよくみえたな。あの演出はすごく好み。
観柳の屋敷でもスピード感が強すぎるアクション。剣心がぐるっと円形にエッジをきかせた動きをしたらバタバタ倒れていくシーンをみて、ここも後で見直そうと思ったな。外印を演じた綾野剛の銃から短刀へのバトルも迫力があって、素人目にも動きのキレがいいのがわかる。陸上競技好きの綾野剛だけあって身体能力の高さが演技にも反映されていた。鵜堂刃衛との対決も、刃衛の眼や炎の演出がよくあっている。演じている吉川晃司の渋い凄みがよくでていて剣心の心配をしたな。剣心が人斬りに戻らないように叫ぶ薫の流れもよかった。この状況で声を出せるのも彼女の強さだけど、神谷活心流の師範代として薫にももっと強さを感じるエピソードがほしい。けれど、日常を担う彼女がいるから帰れるんだろうな。突っ走るときもあるけれど、帰る場所系のヒロインなのかと落ち着いた。
とにかく、それぞれのアクションを何度も見返したくなる映画だよ。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

現時点で三部作となっている中で、最もバランスのとれたストーリーです。日本のアクション映画の潮流を変えた記念碑的作品でもあります。他の追随を許さない高度なアクション、テンポ良く進むストーリー、違和感のない人物の登場に、自然でわざとらしさのない人物の紹介。冒頭の鳥羽伏見の戦いからの構成は実に見事です。起承転結と言いますが、さしずめこの映画は、起、転、起、承、転、結のようになっています。またキャスティングが最高です。主人公剣心には二面性があり、「るろうにの剣心」と「幕末最強の男、人斬り抜刀斎」の言わば二役を佐藤健が見事に演じきっています。素晴らしく魅力的な剣心はこの秀でた俳優の代表作と言い切れます。凪いだ海のような温和な剣心の奥底には多くの人を殺めた罪悪感が常に有り、忘れられないある女性を胸の奥に抱え込んだままずっとさすらってきたのですから。もう二度と人は斬らないと誓って切れない刀「逆刃刀」だけを持って。鵜堂刃衛が偽抜刀斎に変貌するのも、なにやら意味深です。彼はあの時あの刀を拾わなければ別の生き方があったのかもしれないのです。例えば斎藤一のようになっていたかもしれない。吉川晃司の少ない台詞がこの役に却って命を吹き込んだような名演です。名演といえば、武田観柳を演じた香川照之が痛快です。(いえ、悪役なんですけどね)かっ飛ばしてて楽しいです!予備知識なしで十分楽しめるオススメ映画です。


20代男性
★★★★

実写映画化の最高レベルと言える作品

主人公となる緋村剣心(佐藤健さん)や神谷薫(武井咲さん)など、
豪華俳優陣のキャスティング、演技力は勿論
衣装や舞台セットの作り込み、シナリオ構成に至るまで
「漫画原作の実写化はちょっと、、」と犬猿される方には是非見てもらいたい作品。

個人的に一番の見所となるのは緋村剣心(佐藤健さん)の大迫力な戦闘シーンで、
本当に斬り合い(一部左之助は殴り合い)をしているのかと感じるほど激しい剣劇が道中で度々見られ、
どの作品とは言わないが度々「漫画の実写化は辞めてほしい」なんて声を聞く時もありますが、
本作品は自身が観た映画の中で一番の迫力を秘めていると感じ、今でもそう思っています。

原作の再現度も高く、
原作内の緋村剣心の口癖の「おろ?」も完璧に表現。
セットに関しても現代感と時代背景を上手く取り込み、上映から時間は経つものの未だ圧巻の作り込みとなっています。

作品の主題歌はONE OK ROCK。
従来の選定ではなく、佐藤健さんとONE OK ROCKのtakaさんが盟友である事から、
本作を更に彩る疾走感がある曲が生まれ、締めくくりとなっています。

この作品が上映されたのは僕が高校三年生、受験生の頃でしたが、
その迫力ある演技を見る為に受験勉強を放って映画館へ駆けていました(笑)。

視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★★

るろうに剣心は漫画でもとても大好きな漫画でしたので、最初実写版になるということに抵抗を受けておりましたが、実際に映画を見てみると、とても面白く引き込まれている自分がいました。漫画でいう一巻、二巻の話で、私のとても好きな話でしたのでとても良かったです。佐藤健さんが剣心の役だということも一つの好感になったポイントの一つとなったように思います。いちばんの魅力となったのはやはり戦闘シーンだと思います。戦闘シーンはハリウッド映画ばりの迫力があり、とても楽しめてみることが出ました。この映画は妻と観たのですが、妻はるろうに剣心の原作漫画を読んだことがありませんでしたが、映画を楽しむことができて、是非原作を読んでみたいという気持ちにさせてくれた映画となりました。るろうに剣心は私は小学生の時に読んでいた漫画でしたので、大人になってから実写としてみてみて、とても良く、続編もすべて見ました。るろうに剣心は逆刃刀を使う心優しき話なので、是非子供が生まれたら見せてあげたい映画ナンバーワンとなっています。これからるろうに剣心のファンであり、るろうに剣心で佐藤健さんのファンにもなりました。これからもるろうに剣心を求めていきます。

るろうに剣心(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

緋村剣心役(佐藤健)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『ROOKIES』(2008年)
テレビ朝日ドラマ『仮面ライダー電王』(2007年)
映画『億男』(2018年)

神谷薫役(武井咲)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『今からあなたを脅迫します』(2017年)
テレビ朝日ドラマ『黒革の手帖』(2017年)
NHKドラマ『忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜』(2016年)
映画『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(2016年)
映画『今日、恋をはじめます』(2012年)

高荷恵役(蒼井優)

こんな作品にも出演

日本テレビドラマ『先に生まれただけの僕』(2017年)

日本テレビドラマ『Dr.倫太郎』(2015年)

日本テレビドラマ『おせん』(2008年)
映画『長いお別れ』(2019年)
映画『フラガール』(2006年)

外印役(綾野剛)

こんな作品にも出演

三条燕役(永野芽郁)

こんな作品にも出演

関西テレビドラマ『僕たちがやりました』(2017年)

テレビ東京ドラマ『こえ恋』(2016年)

映画『仮面病棟』(2020年)

武田観柳役(香川照之)

こんな作品にも出演

大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)

TBSドラマ『半沢直樹』(2013年)

TBSドラマ『半沢直樹2』(2020年)

日本テレビドラマ『アンフェア』(2006年)

TBSドラマ『ダブルフェイス』(2012年)

TBSドラマ『MOZU』(2014年)

TBSドラマ『流星ワゴン』(2015年)

TBSドラマ『小さな巨人』(2017年)

TBSドラマ『集団左遷!!』(2019年)

映画『ザ・マジックアワー』(2008年)

映画『20世紀少年』(2008年)

映画『 アンフェア the answer』(2011年)

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009年)

映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011年)

映画『祈りの幕が下りる時』(2018年)

映画『七つの会議』(2019年)

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※ウサギ役で声の出演

その他キャストも多数出演

吉川晃司、須藤元気、斉藤洋介、奥田瑛二、ほか

るろうに剣心(映画)の原作ってあるの?

映画『るろうに剣心』の原作は少年ジャンプに掲載した漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』になります。

作者は和月伸宏さんで連載されたのは『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の他に『GUN BLAZE WEST』や『武装錬金』があります。

るろうに剣心(映画)の主題歌を歌うのはONE OK ROCK

映画『るろうに剣心』の主題歌を歌うのはONE OK ROCKさんの『The Beginning』です。

疾走感のある最高にかっこいいロックナンバーで、映画をより一層盛り上げてくれる楽曲になっております。

るろうに剣心(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスのまとめ

映画『るろうに剣心』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

通常有料のポイントで購入する作品ですが、初回限定ポイントが600ポイント付属されますので、そのポイントを消化して無料で見られるというカラクリになります。

会員を継続する場合は、毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も毎月実質無料で楽しむことができますよ♪

皆さん原作から出てきたようなはまり役で、難しいアクションシーンを超豪華俳優陣達が見事に演じており、魅せられます。

一瞬たりとも目が離せない素晴らしい作品となっております。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次
閉じる