天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

(出典:dTV)

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【天国へのカウントダウン(名探偵コナン)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して天国へのカウントダウン(名探偵コナン)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://toriko-movie.jp/tsutaya-movie/]

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
音楽等 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

高校生探偵・工藤新一を、小学生・江戸川コナンの姿にさせた〈黒の組織〉が再び姿を現す!そして、日本一の超高層ハイテクビルで起きた殺人事件。今まで味方だと思っていた灰原哀の怪しい行動…。コナンに最大の危機が迫る!!劇場版第5作目。キャンプに訪れていたコナン達は帰りに、完成間近の日本で最も高い地上300メートルの双子ビル ツインタワーに立ち寄った。偶然にもビルオーナーと知り合いだった毛利小五郎や蘭達と一緒になり、最先端のハイテクビルを見学することに。しかし、そこで第一の殺人事件が…。そして、現場近くに現れた〈黒の組織〉の目的は一体?

出典:TSUTAYA DISCAS

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

★★★★

今作は黒の組織と間接的に対決する形になります。犯人自体は黒の組織とは一切関係ありませんが、被害者の中に黒の組織の元一員が居たために、コナンを混乱させる、推理物ならではのミスリードに近い描写あり、コナン映画もそう言えば推理物だったと思い出します。劇場版はどれでもコナンの派手なアクションがメインに置かれるのでそういった意味では推理物らしい一面のあるこの作品が私は好きです。
最初の些細な出来事から最後の大脱出に繋がるシーンや未来の自分を写真で写す機械によって園子が髪型を変えた結果、起こる事件など盛りだくさんで変わる展開が見どころです。
犯人の動機に関しては共感するのは難しく、どうしてそんな事で人を殺す程の殺意が芽生えてしまったのか、今でも分かりません。自殺という手段を奪うコナンの信念はある種分かりやすく、それゆえに共感も出来る事もありますが、だからこそ今回の犯人には同情できたとしても共感は出来ませんでした。
後は劇場版で見もののアクションは蘭による大アクションと、その後コナンが再びビルに戻る際のアクション、そして最後の最後の大アクションが最大の見どころです。この時垣間見える哀の切ない覚悟も見どころの要因の一つだと思います。そして少年探偵団の子供達はお互いがお互いを気にしていて、助け合っているという部分が良く分かるシーンでもありました。
推理あり、アクションあり、友情ありの盛沢山で最後まで目が離せない作品でした。


★★★★★

今回の映画では、黒の組織が映画で初めて登場した作品となっています。コナンの映画の中でも黒の組織が登場した映画は少なく、シリアスなストーリーが魅力の作品です。
また、コナンの登場キャラクターの中でもトップクラスの人気を誇る灰原哀にスポットが当たり話が構成されれているのも面白いです。
コナンの映画ならではの、毛利蘭がピンチになりコナンが助けに行くというシーンもあって、ハラハラドキドキさせられます。
他の映画と比べると、スケールについてはそこまで大きくはありません。
物語の舞台となるのは、ツインタワービルという大きなビルです。このビルの中で殺人事件が行われ、そこに遭遇したコナンや少年探偵団が活躍するというストーリーになっています。
他の作品と比べ、毛利蘭や毛利小五郎などの大人メンバーがあまり出てこないのも特徴です。
また、作品の中で少年たちの大人になった際の写真が出てくる小ネタも面白いです。
ツインタワービル内にある電源ルームが爆発してビルが火事になるのですが、ここから、蘭を助け、謎解きを行い、最後の車のジャンプまでの流れがスピード感があり見ごたえがたっぷりです。
一番のポイントは犯人の動機です。
ツインタワービルが一つの動機になっているのですが、他の作品とは違いめちゃくちゃな理由になっているので気になる方是非見てみてください。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

灰原が謎の行動をしていて、誰かに電話をかけるそぶりなど怪しい。それと同時にジンやウォッカの黒ずくめの組織も灰原たちの行く場所をつきとめてしまう。時計を見ないでストップウォッチをカチッと止める遊びを少年探偵団たちはアガサ博士の車の中で暇つぶしをします。あゆみは隣に座るコナンのおかげでドキドキして時間を正確に出せる特技をもっていることにこの時気が付きます。ツインタワービルは通路がつながっていて行き来できるようになった構想ビルです。コナンは灰原が死んだ姉の留守電を聞きたくて電話をかけていたことを知っていました。その気持ちを知っていたが危険な行為でもあると電話を切ったのだった。蘭の友達園子が10年後の自分を見てさほど変わらないことにショックを受けてパーマをかけるとシェリーに少し似た髪型になってしまい、ジンとウォッカに狙われてエレベーターにのっているときに狙われてしまう。しかし、コナンが園子ねーちゃんパンツ丸見えといったことでシェリーじゃないと気が付くが爆破はされてしまう。見所は欄が外からホースを体にまきつけてけってガラスを割って中に入るシーンです。犯人は富士山を眺めなくするために建てたツインタワーに腹がたって殺人を犯したのです。コナンたち少年探偵団が爆風をたよりに景品の車にのって反対側に飛び乗ろうとするシーンが一番の見所です。迫力もあり、あゆみのカウントにハラハラドキドキします。


★★★★★

さて、名探偵コナン5つ目の映画である天国へのカウントダウン。新しく建設された2つのビルを巡って起きる事件です。私の知る限り、コナン映画のランキングでも何度か1位を獲得し、テレビでも何度か放送されているイメージがあります。天国へのカウントダウンは物語のハラハラ部分は後半にギュッと詰められていて、前半はほのぼのとスタートします。光彦くんが蘭ちゃんに恋愛について相談するという珍しいシーンがあります。光彦くんの「同時に2人の女性を好きになってしまう、僕っていけない男なんでしょうか」というフレーズは、割と印象深い人が多いのではないでしょうか。最新機器で、10年後の顔を予測する機械をコナンと哀ちゃんが使うところも面白いですね。結局そこで機械が壊れてしまうのですが。さて、後半部分ではパーティーのシーンがあります。ビルのオーナーである女社用が何者かによって殺害されます。女社長を殺した犯人とは別に、実は黒づくめの組織もこの物語では動いてました。彼らが、そして、彼らによって爆発が起こり、コナン達パーティーの参加者一同は、避難を必要とされます。子供と女性陣は非常エレベーターを使って、男性陣は非常階段を使って隣のB塔に映るという移動を始めます。非常階段を使った男性陣は問題なく移動できたのですが、エレベーターを使った少年探偵団は、途中の階でエレベーターを待っていた赤ちゃん連れのお母さんに場所を譲ってしまったため、ビルに取り残され、彼らは60階の連絡橋へと向かいます。そしてその後、エレベーターに乗った蘭、園子、コナンたちのエレベーターは、園子と志保(哀ちゃんの元の姿)を勘違いしたジンによってエレベータを止められていまします。コナン達はエレベーターをこじ開けて、45階の連絡橋に向かうのですが、渡っている最中に60階の連絡橋が爆破され、少年探偵団は60階で、コナンと蘭ちゃんは45階に取り残されてしまうのです。コナンと蘭ちゃんは、消火ホースを体に巻き付けバンジージャンプをして、なんとか火の気のない下の階に避難し、一度下に降りるのですが、そこで子供達がビルに取り残されていることに気付きます。コナンは再び、隣のビルを上り、60階の連絡橋の前で、博士からもらったターボ付きスケボーを使って、連絡橋を飛び越え子供達のもとに向かいます。ハラハラするのはここからですね。子供達は、救助ヘリを待つために、屋上へと向かうのですが、ここでもジンたちによって退路を立たれるわけです。さらに、パーティー会場に戻ると、カウントダウンが始まった爆発物が仕掛けられていたことに気づきます。逃げ場を失ったコナン達の最後の策は、この会場で景品として使われていた、スポーツカーです。幸いなことにキーがあり、ガソリンも入っていました。しかし、飛び越えるにはスピードが必要です。そこで、コナン達は、爆発物を会場の一箇所に集め、爆発による威力を利用して飛び移ることを決めるのです。この時、全員が時計を持っておらず、カウントダウンを正確にするにはスキルが必要でした。この時の子供達の様子がドキドキハラハラです。運転するコナン君、カウントダウンをする歩美ちゃん、できるだけ正確にカウントダウンをしたい、哀ちゃんは、自分の命と引き換えに、カウントダウンのある爆発物の前から離れ、車に乗ろうとしません。それを見た源太君は「米粒ひとつでも残したらバチが当たる!」と迎えに行きます。そして発車した後、哀ちゃんは車から落ちそうになるのですが、それを光彦君が手を掴んで助けます。そしてなんとか隣のビールのプールに乗り移ることに成功するわけです。この5人の子供達の活躍に、もう猛烈に興奮します。ぜひ見て頂きたいと思います。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

この作品の場合には、ラストシーンのビルからの脱出劇というのが1番のみどころになるでしょう。
ミステリーの作品であるという点を忘れてしまうほどに、ラストシーンの印象が非常に強い映画だと言えます。
この映画においては黒の組織もかかわってくるだけに、殺人事件の真犯人を江戸川コナンが明かして終わりではないのです。
その後、組織が火を放ったことで、ビル内にいた少年探偵団らはそこに閉じ込められることになってしまいます。
しかもビル内には至るところに時限爆弾が仕掛けられており、鎮火するのを待っている余裕もありません。
したがって、そこからなんとか脱出を図るわけですが、現実的な手段としてはビル内に展示してあった車を使い、ビルから付近にあるプールに飛び移ることでした。
物理的には厳しいと灰原哀に諭されるわけですが、爆弾が爆発したと同時に車がビルを飛び出せば、その爆風によってプールに飛び移ることは可能だとコナンは考えるわけです。
ただ、問題は爆弾が爆発すると同時にビルを飛び出さす必要があったため、そのタイミングをどうやって図るか?でした。
車に全員が乗ると爆弾のタイマーが見られないため、そこが課題であったのですが、そんなときに吉田歩美が時間を数えると言い出します。
彼女の意図はなんなのか?成功するという確信があったのか?そして、全員が無事にここから脱出できるのか?は本当に大きなみどころです。

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)の主題歌を歌うのは倉木麻衣の『Always』

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)の主題歌を歌うのは倉木麻衣さんの『Always』です。

またお決まりのメインテーマはこれからどんな謎解きの物語が始まるのか、期待を膨らませてくれます。

<↑目次に戻る↑>

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)に声で出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

声優

高山みなみ(江戸川コナン 役)

山崎和佳奈(毛利蘭 役)

神谷明(毛利小五郎 役)

山口勝平(工藤新一 役)

林原めぐみ(灰原哀 役)

堀之紀(ジン 役)

岩居由希子(吉田歩美 役)

高木渉(小嶋元太 役)

高木渉(高木刑事 役)

大谷育江(円谷光彦 役)

原作

青山剛昌

監督

こだま兼嗣

脚本

古内一成

音楽

大野克夫

<↑目次に戻る↑>

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

天国へのカウントダウン(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

名探偵コナン 天国へのカウントダウンは2001年公開の劇場版5作目になります。

今作はツインタワーを舞台して起こる殺人事件と爆弾事件、黒の組織がからんでくるという忙しい展開ですが、少年探偵団の活躍に注目です!

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる