【猫の恩返し】バロンの正体を徹底解剖!耳をすませばとの関係は?

スポンサーリンク
猫の恩返し

『猫の恩返し』は、2002年に公開された長編アニメーション作品です。

魅力的なキャラクターが数多くいる中で、ひときわ人気のキャラクターが「バロン」。知的で紳士的でありながら、ミステリアス。

そんなバロンは、ジブリの代表的な作品でもある「耳をすませば」にも登場しています。2作品に登場するバロンの正体や背景が気になる方も、多いのではないでしょうか。

猫の恩返しに登場するバロンの正体や耳をすませばとの関係性について、解説します。

バロンを正体を知ることで、猫の恩返しをより深く楽しめますね。

\映画館に行く前に知らなきゃ損/

○○を活用して映画をおトクに鑑賞する方法

スポンサーリンク

猫の恩返し「バロン」の正体を徹底解剖!

猫の恩返しのバロンの正体は、耳をすませばの「地球屋」に登場した人形です。

バロンの背景として挙げられるのが『バロン-猫の男爵-』という漫画。耳をすませばの原作者「柊あおい」さんは、宮崎駿監督に地球屋・バロンをメインとした漫画を作ってくれと頼まれました。

猫の恩返しは、『バロン-猫の男爵-』を映像化したものだったのです。一時的な登場だった耳をすませばとは違い、猫の恩返しでは主役級の扱いですね。

猫の恩返しでのバロンの立ち位置は、以下のとおりです。

役名バロン
役柄猫の事務所の所長
身体情報猫・身長約30㎝・二足歩行
服装タキシードに身を通し、ステッキを愛用する
好きなもの紅茶(スペシャルブレンド)
能力剣術の達人

貴族のイメージにピッタリなキャラクターですね。作中でも主人公の「ハル」を献身的にサポートしています。

そんな頼もしいバロンの正体をさらに深堀します。

バロンの本名やモデルは?

バロンの本名は「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」男爵です。

作中でも、バロンはハルに本名を語っています。男爵を英語で読むと「バロン」となることから、作中ではバロンと呼ばれていたのですね。

フンベルト・フォン・ジッキンゲンの由来は、ドイツの中世の騎士が関係すると思われます。根拠は2つです。

  • 名前にある「フォン」は、ドイツでのミドルネーム
  • 耳をすませばのバロンはドイツと密接な関係がある

実際、中世で活躍した偉人に「フランツ・フォン・ジッキンゲン」という騎士がいます。名前がそっくりですよね。

フランツ・フォン・ジッキンゲンは、軍事面での指揮を取るほどの腕前だったという記録があります。作中で抜群の剣術を見せるバロンと、人物像もリンクしますね。

バロンの本名は、最高の腕前を持つ中世の騎士が由来といって間違いないでしょう。

バロンのネコの種類

バロンの猫の種類については、公式での発表がありません。

そのため予想になりますが、バロンは「アビシニアン」という種類の猫だと思われます。

根拠がこちら。

アビシニアンの特徴バロンの特徴
身体の特徴筋肉質で身体能力が高い作中最高峰の剣の使い手から運動神経抜群
毛色黄金色黄金色
目の色グリーンがかった透き通る色緑柱石(耳をすませばにて)
耳の形ピンっと立っているピンっと立っている
性格好奇心が旺盛で甘えん坊常識的でキザ・行動力がある

外見的な特徴はかなり似ていますね。アビシニアンは女性にかなり人気があるそうです。性格面の違いはありますが、作中で女性にモテモテのバロンと共通しますね。

バロン役の声優は?耳をすませばと別人

猫の恩返しに出てくるバロンの声優は袴田吉彦さんです。

バロンにピッタリのダンディな声ですよね。袴田吉彦さんは、ディズニー映画ダイナソーの主人公アラダー役の吹き替えも担当しています。

猫の恩返しは他の声優陣も豪華!ハル役の池脇千鶴さんを筆頭に、前田亜季さんや山田孝之さん、佐藤仁美さんなどが務めています。

そして実は、耳をすませばの声優は別人で、露口茂さんが務めています。

声優を変えていることからも、両作品におけるバロンの立ち位置やキャラ設定が異なることが推測されます。

猫の恩返し「バロン」と耳をすませばの関係性

猫の恩返しは、耳をすませばの主人公「月島雫」が書いた小説という裏設定があります。

耳をすませばの上映は1995年で猫の恩返しの7年前。当時14歳だった月島雫は、7年後の21歳で、小説家として猫の恩返しを書いたことになります。

耳をすませばファンにとっては、あの月島雫が成長して書いた小説とあって感慨深いものがあるのではないでしょうか。

月島雫が書いた小説という設定からも、猫の恩返しには、耳をすませばと密接な関係をもつシーンがいたるところに存在します。特にバロンは、様々なところで月島雫の想いがあふれていますので、深堀して解説します。

バロンは耳をすませばの置物

ご存じの通り、耳をすませばの地球屋にあった置物は猫の恩返しのバロンです。

耳をすませばでは「フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵」と呼ばれていました。西司朗(地球屋のおじいさん)が若いころに、ドイツ留学でもらい受けた人形という設定です。猫の恩返しでは、中世騎士がモチーフの「バロン」として登場していますね。

耳をすませばでは大人な雰囲気が強かったバロンですが、猫の恩返しでは頼りになるかっこいい所長として登場したあたり、月島雫の世界観が表れていますね。

バロンには恋人いた

猫の恩返しの作中では触れていませんが、バロンにはルイーゼという恋人がいます

耳をすませばでは、西司朗がドイツで出会った女性「ルイーゼ」と運命的な出会いをします。2人はバロンを通じて再会を約束しますが直後、すぐ戦争が始まったことによりルイーゼの消息がつかめず。再会を果たせないままという、悲しいエピソードが語られています。

猫の恩返しでは、ルイーゼの立ち位置がバロンの恋人に変わっています。その証拠に猫の事務所には、ルイーゼの肖像画がしっかりと飾られています。

月島雫は、西司朗から聞いたエピソードをふんだんに物語の中に盛り込んでいることがわかりますね。

バロンのセリフ「自分の時間」の意味

「君がどうすれば、しっかり自分の時間を生きられるか考えよう」

猫の恩返しの中盤で、ハルが猫の国に引きずられそうになったときに語ったバロンの言葉です。

「自分の時間」とは、すなわち「自分を大切に、意思を持って生きること」と考察します。

序盤のハルは、何事も自分で決めることができませんでした。そんなハルがバロンの言葉を受け、最終的に自らが行動していきます。様々な逆境を乗り越えていくハルの成長が、最大の見どころといっていいでしょう。

実は、耳をすませばでも月島雫が同じような境遇でした。

序盤の雫は、やりたいことを見つけられずに過ごす日々。そんな時に、天沢誠二や地球屋と出会い状況が変わります。2人の影響で「本当にやりたかったことは小説を書くことだ」と気づき、希望への一歩を踏み出したのです。そして、猫の恩返しという物語を書くまで成長しました。

月島雫は、自身が変われた経験と照らし合わせて、自分のために時間を使うことへの重要性をメッセージとして伝えたかったのではないでしょうか。

猫の恩返し「バロン」のかっこいいセリフ・名言集

猫の恩返しのバロンといえば、やはり、心に響くかっこいいセリフです。

メッセージ性を盛り込む風潮があるジブリ作品!バロンの名言とともに、裏の意味についても考察します。

私のスペシャルブレンドだ。その都度、味が変わるので、保証はできないがね

ハルが猫の事務所に初めて訪れた際、バロンが紅茶をふるまった時のセリフです。

バロンがハルに好みを聞きおもてなすシーンですが、言い方を変えるだけでここまでかっこいいセリフになりますね。

このセリフからバロンの人となりが垣間見れます

もしハルが本当に私たちを必要としたなら、きっとまた猫の事務所の扉は開くだろう

ハルの成長を見届けたバロンの最後のセリフです。

このセリフの前に、ハルはバロンに告白をしていますね。このことから2つの解釈が垣間見れます。

  • キザらしくやんわり告白を断った?
  • ハルはもう大丈夫!しっかり自分の時間を生きられる

両方の意味がありそうですよね。ただ、セリフに「もし」という言葉が使われていることから、後者の気持ちが強いのかもしれません。

猫の恩返し バロンとハルのその後を考察

作中終盤にハルがバロンに告白したことで、その後の2人の行方が気になりますよね。

結論は、それぞれ自分の時間を生きていくと考察します。

以前のハルは好きな人に告白することができずに、ただ遠くからみているだけでした。そんなハルが、バロンに告白をしたのです。しかし、この告白は単純なものではなく「今までの自分にさようなら」と「バロンありがとう」を意味するものではないでしょうか。

ムタは「猫の世界は、自分の時間を生きられないものに見える世界だ」と言っています。言い換えれば、ハルが自分の時間の大切さに気付いた今、猫の世界にいるべきではないと解釈できます。

猫と人間は、別の世界線にあり、本来交わるものではありません。再びバロンと会うことは、自分の時間を生きられなかったハルに戻ったことになります。だからこそ!自分を変えてくれたバロンとは別々の道を歩むことが、互いが追い求める答えなのではないでしょうか。

猫の恩返しのラストは、バロンとハルが別れた後、日常に戻ったハルが依然とは別人のふるまいを見せて終わりを迎えます。このラストシーンからも、ハルの自分の時間を生きていく決意が垣間見れますね。

 

 

コメント

映画好きさんにおすすめのVOD3選

→おすすめのVODをチェックしてみる♪

タイトルとURLをコピーしました