【風の谷のナウシカ】原作漫画のあらすじやラストのネタバレ紹介

スポンサーリンク
風の谷のナウシカ

原作・脚本・監督を宮崎駿が担当したスタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』。1984年に公開され、それ以降世界的な大ヒットを記録している伝説的な長編アニメーション映画です。

そんな『風の谷のナウシカ』の原作は、アニメ雑誌「アニメージュ」で連載されていた宮崎駿の同名漫画であることはファンの間のみならず有名な話ですよね。しかし、実際の原作漫画を読んだことがある方は少ないのではないでしょうか。少し古い作品なので、特に若いファン層には原作を知らない方もいるかもしれません。

そこで今回は、『風の谷のナウシカ』の原作漫画を詳しく解説していきます。ネタバレを含むあらすじやラストを詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

\映画館に行く前に知らなきゃ損/

○○を活用して映画をおトクに鑑賞する方法

スポンサーリンク

【風の谷のナウシカ】原作は小説ではなく漫画

『風の谷のナウシカ』の原作は、1982年から4度の休載を挟んで1994年まで徳間書店のアニメ雑誌「アニメージュ」にて連載されていた宮崎駿の同名漫画。単行本にして全7巻、59話で完結する壮大な物語です。映画版は、この漫画の連載を休載している期間に製作されました。

腐海や蟲などの未知なる生命と人間が生きる不思議でシビアな世界を舞台とした本作は、多くの読者から高く評価されてます。1994年には第23回日本漫画家協会賞大賞、1995年には第26回星雲賞コミック部門を受賞し、2020年12月時点の単行本累計発行部数は1,700万部を突破しました。加えて海外8ヵ国語で翻訳・出版されており、現在も世界的ヒットが続いています。

そして漫画のうち第2巻の前半までを映像化したのが、映画版『風の谷のナウシカ』です。そのため、漫画版を知る人からすると、映画版はまだまだ序の口。壮大な戦いやナウシカの運命の結末は、漫画版でしか描かれていないのです。

ナウシカの漫画は難しいと評判?

高度な発展を遂げた文明を焼き尽くした最終戦争「火の7日間」から、1,000年後の世界を描いた『風の谷のナウシカ』は、映画版ですら難解な作品です。漫画は映画よりもよりディープに腐海や蟲、人間の争いを描いています。1度読んだだけで全てを正確に理解するのが難しいでしょう。

また、もともと存在していた「旧人類」、そして旧人類を戦争中のコールドスリープから目覚めさせるために作られた「新人類」など、人類が複雑な分かれ方をしているのも難しいポイントかもしれません。そこへ汚れた地球を浄化する腐海や、腐海を守る蟲の存在が加わり、人間の争いはヒートアップしていくのです。

【風の谷のナウシカ】原作ストーリーのあらすじ

ここからは、『風の谷のナウシカ』の原作漫画のストーリーを紹介していきます。ネタバレを含む起承転結を詳しく解説しているので、読む際はご注意ください。

秘石によって狂ったナウシカの人生

まず本作の舞台は、旧人類の最終戦争「火の7日間」から1,000年もの時が経過した世界。瘴気を放つ腐海と巨大生物の蟲に侵食された土地で、文明を失った人間たちは細々と暮らしていました。しかしそんな衰退した世界においても、土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国とトルメキア帝国は衝突し、旧人類が終わらせたはずの戦争を続けていたのです。

やがてその戦いは、ナウシカの住む「風の谷」にも飛び火します。ある日避難民を乗せた船が風の谷で墜落し、ナウシカはそこに乗っていた工房都市ペジテの王女・ラステルから秘石を託されるのです。ラステルは兄に秘石を渡して欲しいと言い残し死亡しました。実はこの秘石は、火の7日間で稼働した巨神兵を復活させる石だったのです。

そして墜落事件を知ったトルメキア帝国のクシャナは、秘石が風の谷にあると判断し、風の谷を襲撃。ナウシカは捕虜となり、トルメキア軍との共戦を余儀なくされます。

ラステルの兄・アスベルとの出会い

捕虜となったナウシカは、船でトルメキア帝国へ連れて行かれることになりました。しかしその移動中、1人の青年がナウシカの乗るトルメキア帝国の船を襲撃。ナウシカたちは不時着をし、青年は反撃により腐海の中へ落ちていきました。

そして青年を見捨てられないナウシカは、青年を助けるために1人腐海へ。そこでナウシカは、青年が自分の看取ったペジテの王女・ラステルの兄・アスベルであることを知ります。ナウシカは王女・ラステルの遺言通り、秘石をアスベルに返しました。

その後2人は力を合わせて腐海からの脱出に成功しますが、土鬼連合と鉢合わせて捕虜にされてしまいます。土鬼連合は、トルメキア帝国に大きな襲撃を仕掛けて壊滅させようとしている最中でした。ナウシカは多くの人が犠牲になる襲撃を止めるべく土鬼連合のもとを脱出し、メーヴェで仲間の元へ走ります。

しかしその道中ナウシカは、傷付けた王蟲の幼虫を囮に大量の王蟲をトルメキア帝国へ誘導する土鬼連合に遭遇。土鬼連合は、王蟲にトルメキア帝国を襲わせるつもりだったのです。そこでナウシカは自分の持つ不思議な力と体を張った抵抗で王蟲の群れを腐海へ帰し、この作戦を阻止しました。映画版ではここまでのストーリーがアレンジされて描かれています。

ナウシカが驚愕した腐海と人類の真実

それから土鬼連合は蟲すらも殺せるほどの猛毒生物兵器を作り、トルメキア帝国を壊滅させることに成功。しかし、その攻撃をいち早く察知して突然変異をした蟲たちの大移動「大海嘯(だいかいしょう)」による反撃を受け、土鬼連合は結果的に自滅してしまいました。

ナウシカは蟲の大海嘯によって飲み込まれた土鬼諸侯国連合帝国を訪れた際にその波に飲み込まれますが、腐海に暮らす住人・森の人に助けられます。そこでナウシカは、腐海が世界の浄化装置として生み出されたものであり、自分が浄化後の世界では生きられない新人類だと知るのです。

【風の谷のナウシカ】原作ラストをネタバレ

ここからは、『風の谷のナウシカ』の原作漫画のラストを紹介していきます。映画版から進んだ世界とナウシカの運命の結末は、衝撃的なものでした。

復活した巨神兵との共同戦線

トルメキア帝国を生物兵器によって滅ぼすも、そのせいで蟲の大海嘯により自滅の一途を辿ってしまった土鬼連合は、ついに巨神兵の復活に着手します。そして大海嘯に巻き込まれて森の人に救われたナウシカは、そんな土鬼連合の暴走を食い止めようと奔走。しかし巨神兵は、既に復活して動き出していました。

事態は悪化したかのように思われましたが、巨神兵はアスベルから秘石を受け取っていたナウシカに従順な姿勢を見せるのです。ナウシカは巨神兵をオーマと名付け、旧文明の化学知識がつまった人工生命体であり、旧人類が眠る「墓所」へ向かいます。

墓所は腐海によって世界を浄化し、汚れのない世界のためには生命を改造することも厭わない先進的な存在です。ナウシカは汚れの一切を否定して命すら駒のように使う旧人類の考えに反発。オーマに指示を出して墓所を破壊します。この際にオーマは猛烈な反撃を受け、息絶えました。

ナウシカが下した生死の決断

ナウシカはオーマを看取りしばらく側にいましたが、オーマの放つ放射能によって衰弱。これによりナウシカの相棒であるテトは死んでしまいました。ナウシカはなんとか一命を取り留め、この悲劇を胸に秘めたまま生きていくことを決めます。

その後物語は「語り残したことは多いがひとまずここで、物語は終わることにする」という意味深な言葉で幕を閉じました。ナウシカの消息は明確には語られず、土鬼連合にで暮らした後に風の谷へと戻った、または森の人の元へと去った、などと伝えられていることだけ描写されます。

【風の谷のナウシカ】原作ラストまで読んだ感想

『風の谷のナウシカ』の原作漫画は、多くの人々がそれぞれ持っている正義、生き方がぶつかり合う残酷でも美しい物語です。どちらが正義で悪なのかを複雑に描いているところが、不条理でも憎みきれない人類の姿のように感じられます。

また、自分達が美しいと認めたもの以外を排除して世界を浄化させようとした旧人類たちは、私利私欲にまみれて争う人間にとっての風刺的存在と言えるでしょう。そこで「自らを含む人類の滅亡」に怯まずに命の美しさを見つめて戦ったナウシカの感性は、現代を生きる私たちが忘れてはいけないものかもしれませんね。

【風の谷のナウシカ】原作漫画は電子書籍で読める?

2022年5月現在、漫画版『風の谷のナウシカ』は残念ながら電子書籍化されていません。しかし、文春ジブリ文庫から出版されている映画版をコミカライズしたシネマコミックに関しては、電子書籍化されています。

文字と静止画で『風の谷のナウシカ』の世界観をじっくり堪能したい方にはおすすめですよ!

原作漫画を全巻買ったらいくらかかる?

徳間書店から販売されている「風の谷ナウシカ 全7巻函入りセット」の価格は税込で3,443円です。全部新品で揃えても比較的リーズナブルなので、ジブリファンとしてコレクションしたい方や、何度も原作漫画を読み返したい方は購入するのがおすすめですよ。華装丁版や特別版は1万円前後の高額ですが、通常版なら手の届きやすい価格と言えます。

また、もっと安く購入したいという方は、中古品の購入を検討しても良いでしょう。新品と異なり良好な状態は望めませんが、読むだけであれば中古品でも問題ありません。

コメント

映画好きさんにおすすめのVOD3選

→おすすめのVODをチェックしてみる♪

タイトルとURLをコピーしました