【ジブリ】VODで動画配信しない理由とは?動画を無料で見る方法も調査

スポンサーリンク
ジブリ

「ジブリ作品の動画を見ようと思ったんだけど、どのVODでも動画配信が行われていないんだ…。ジブリが動画配信しない理由って何なの?」

このような疑問を解消するため、ジブリが動画配信しない理由を徹底考察!

また、ジブリ作品の動画を無料で見る方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください◎

\映画館に行く前に知らなきゃ損/

○○を活用して映画をおトクに鑑賞する方法

スポンサーリンク

ジブリがVODでの動画配信をしない理由を考察

なぜジブリが動画配信をしないのか?4つの理由を考察しました。

  1. 視聴率を確保するため
  2. 日本テレビが権利を渡したくないため
  3. ディズニーが権利を持っているため
  4. DVD/Blu-ray販売による収益を確保するため

それでは、各理由の詳細を解説していきますね。

1.視聴率を確保するため

ジブリといえば金曜ロードショーのイメージが強いですよね。となりのトトロや魔女の宅急便、天空の城ラピュタなど、常に金曜ロードショーで放送されるジブリ作品もあるほど。

そして、金曜ロードショーで放送されるジブリ作品は平均10%以上の視聴率を維持しています。

作品によっては10%を切ることもありますが、大半が10%超え。

ここ最近の視聴率をまとめた表がこちら。

順位作品
(最終放送年)
視聴率
1位となりのトトロ
(2020年)
16.5%
2位千と千尋の神隠し
(2022年)
16.3%
3位天空の城ラピュタ
(2019年)
14.5%
4位ハウルの動く城
(2021年)
14.0%
5位もののけ姫
(2021年)
13.8%
6位魔女の宅急便
(2020年)
12.9%
7位崖の上のポニョ
(2019年)
12.5%
8位耳をすませば
(2019年)
11.4%
9位コクリコ坂から
(2020年)
11.4%
10位紅の豚
(2022年)
10.8%

しかし、ジブリがNetflixなどのVODで配信されるようになると、視聴率が低下する可能性も生じます…。

VODであればいつでも気軽に視聴できますから、わざわざ金曜ロードショーを見る必要がありませんよね。

そして、ジブリの放送権を持っている局は日本テレビ。

日本テレビにとってジブリは、高視聴率を安定して稼いでくれるエース的作品。

VODを展開して視聴率を低下させたくない、という気持ちも分かりますよね…。

2.日本テレビが権利を渡したくないため

「1.視聴率を確保するため」と共通していますが、ジブリの放送権を持っている局は日本テレビです。

なんでジブリと日テレって深い関わりがあるんだろう?と気になるところですよね…。

実は日テレ、「魔女の宅急便」以降の作品をジブリと共同制作をしているんです。

作品を一緒に作っているというより、ジブリが日テレから資金を提供してもらったり、CM放映などを依頼してもらったりする形。

つまり、ズブズブの関係ということ。

他局に放送権を渡してしまったら、日テレの収益なども減少するでしょうしね。

3.ディズニーが権利を持っているため

「ジブリとディズニーって関係あるの?」と思うかもしれませんが、大ありです。

ジブリは1996年にジブリと業務提携を結びました。

これによりジブリ作品が海外でも配信されるようになり、さらに「ホーホケキョ となりの山田くん」以降の作品を共同制作するように。

日テレと同じく、ディズニーもジブリと深い関係であることがわかりますね。

ただ、これが動画配信に関係しているのか?と聞かれると正直「わからない」という回答になります…。

というのもジブリ作品って、海外版Netflixで配信されているんですよ。

そして、ディズニーは「Disny+」という動画配信サービスを展開しています。

Disny+では配信されていないけど、海外版Netflixでは配信されている。

この事実を考慮すると、「ディズニーが権利を持っているから、ジブリ作品が動画配信されないんだ!」とは言えなそうですよね…。

4.DVD/Blu-ray販売による収益を確保するため

ジブリ作品のDVD/Blu-ray販売による収益を確保するため、動画配信をしていない可能性も考えられます。

ただ、可能性は限りなく低いでしょう。

確かに現時点では、ジブリ作品を見るためにはDVD/Blu-rayを購入・レンタルするしか方法がありません。
(金曜ロードショー以外で)

しかし、DVD/Blu-rayの市場は縮小傾向。

その証拠に、レンタル事業の大手であるTSUTAYAも、事業を一部撤退・縮小してします。

Netflixやプライムビデオ、U-NEXTといった動画配信サービスが多くあり、利用者も増えている影響でしょう。

ジブリがVODで動画配信されない理由は「日テレとの関係」が一番大きい…?

  1. 視聴率を確保するため
  2. 日本テレビが権利を渡したくないため
  3. ディズニーが権利を持っているため
  4. DVD/Blu-ray販売による収益を確保するため

4つの理由を考察してきましたが、ジブリがVODで配信されない理由と一言で表すと「日テレとの関係」となりそうですね。

日テレが放送権を独占する→金曜ロードショーで放送する→高い視聴率を確保する

この形を維持したいからこそ、VODでの動画配信を行わないのでしょう。

ジブリが海外版Netflixで動画配信されているってホント?

ホントです。

2020年2月から海外版Netflixで、ジブリ作品の配信がスタート。
(参考>>Netflix、2月からジブリ作品を世界配信 日本・北米除く

世界190ヵ国で配信されているのですが、その中に日本・アメリカ・カナダは含まれていません。

そのため、日本版Netflixではジブリ作品を視聴することができないんです。

ただ、日本にいながら海外版Netflixにアクセスして、ジブリ作品を視聴する方法があります。

VPNを活用して海外版Netflixでジブリ作品を視聴する

VPN(Virtual Private Network)とは、ネットワークの中に別のプライベートネットワークを仮想的に作り出す技術。

正直よくわかりませんが簡単に言えば、

  • IPアドレスを隠せる
  • 海外のサーバーに接続しているように装える
  • 公共のFree Wi-Fiを使う時なども安心

…という形。

ただし、VPNの利用にはお金がかかります。無料で使えるVPNもありますが、情報漏えいなどのリスクがあるのでおすすめしません。

「わざわざVPNなんていう面倒臭いサービスを使ってまで、Netflixでジブリ作品を見ようとは思わない…」

という方は、TSUTAYA DISCASを使ってDVDをレンタルしましょう。

TSUTAYA DISCASはジブリ作品を無料で見れる!

TSUTAYA DISCASは唯一、ジブリ作品を無料で視聴することができるサービスです。

TSUTAYA DISCASの詳細は下記の通り。
・新規登録から30日間は無料
・DVD宅配レンタルサービス
・定額レンタル8プラン月額2,025円(税込)

最も利用者が多いプランが、月額2,025円(税込)の「定額レンタル8プラン」です。

「定額レンタル8プラン」の会員になれば新作・準新作のDVDを月8本までレンタルでき、旧作のDVDはなんとレンタルし放題。

TSUTAYA DISCASでは、ジブリ映画が「旧作」になっているので、無料期間中であればもちろん無料で視聴することができます。

スマホで見たい作品のDVDを注文し、あとは自宅に届くのを待つだけ。見終わったDVDは近くのポストにいれて郵送するだけ。

ただ、トラブルにならないためにも、無料期間中にレンタルしたDVDは解約期限の2~3日前には返却しておくことをおすすめします。

もう一つが、30日間の無料期間の日付をしっかり把握しておくことです。

無料期間が過ぎてしまうと自動更新されて料金が発生します。なので無料期間の1日前にはしっかりと解約しておきましょう。

ジブリ作品を無料で見る方法を徹底調査

「TSUTAYA DISCAS以外にジブリ作品を無料で見る方法はないの…?」という疑問を解消するため、徹底調査してみました。

YouTube・Dailymotion・Pandoraなど

ジブリ作品の名前で検索すると、タイミングによってはフル動画が表示されることもあります。

しかしジブリ公式がアップロードしたものではなく、個人が違法アップロードした動画である可能性が高いです。

そのため基本的には、YouTube・Dailymotion・Pandoraなどの動画サービスではジブリ作品を見れないと思っておきましょう。

U-NEXT・プライムビデオ・Huluなど

日本国内の動画配信サービスでは、2022年時点でジブリ作品が配信されていません。

日テレが展開しているHuluであれば、いずれはジブリ作品が配信されるかもしれませんが…いつになるかは未定です。

違法サイト(kissanime・9animeなど)

映画などが違法アップロードされているサイトを活用すれば、ジブリ作品を無料で見れる可能性があります。

しかし、いつ削除されるかわかりませんし、怪しい広告があちこちに表示されるため使い勝手は最悪。

なので違法サイトは使わない方が無難です。

日本版Netflixでジブリ作品が配信されるのはいつから?

2022年時点、日本版Netflixでジブリ作品が配信される予定はありません。

そして今後もおそらく、日本版Netflixでジブリ作品は配信されないでしょう。

というのも、既に海外版Netflixでジブリ作品の配信が行われているから。

世界190ヵ国で配信されているけど、その中に日本・アメリカ・カナダは入っていない。

つまり、日本・アメリカ・カナダのNetflixでは今後もジブリ作品を配信しないという宣言の可能性もあります。

ジブリ作品の動画配信を行うサービスはどれになる?

Netflixでジブリ映画の動画視聴開始と発表された時は喜んだファンも多かったでしょう。

しかし、まさかの「日本を除く」。

そこで今後、もしジブリ映画が配信されるなら、どのVODになるかをまとめてみました。

候補1.Hulu

Huluは主に、日本テレビのドラマなどが多く配信されている、定額動画配信サービスです。

日本テレビはジブリ映画の放送権を持っているため、VODで一番早くジブリ動画の配信がされる可能性が高いと言えます。

候補2.Disney+(ディズニープラス)

Disney+とは、ドコモが運営している動画配信サービスです。

Disney+は名前の通り、ディズニーの映画作品を配信しています。

しかし2021年から新サービスが追加され、ディズニー以外の作品も見ることが可能になりました。

そして一番の配信事情における理由として考えられるのが、ジブリ映画の保有が日本ではディズニーだからです。

なので、もしかしたら今後、また新たなサービスが追加されて、ジブリ映画を見ることができるかもしれません。

コメント

映画好きさんにおすすめのVOD3選

→おすすめのVODをチェックしてみる♪

タイトルとURLをコピーしました