PR

Netflixで「見てはいけない」が見れない!理由と代わりの最恐ホラー作品を紹介

スポンサーリンク
Netflix
  • Netflixで『見てはいけない』が見れないのはなぜ?
  • ネトフリでおすすめの海外ホラーは?
  • トラウマ級のホラー映画はNetflixに何がある?

上記なようなことでお悩みではありませんか?

こちらの記事では、Netflixで配信されていた短編ホラー作品『見てはいけない』が観られない理由をご説明します。

また、Netflixでホラー作品をお探しのあなたにおすすめの作品も合わせてご紹介しています。

Netflixで『見てはいけない』は観られませんが、記憶に残るホラー作品が他にも配信中なので、ぜひチェックしてみてください!

\オリジナル作品が豊富/

Netflixに登録してホラーを楽しもう

スポンサーリンク

【見てはいけない】Netflixで見れなくなったのはなぜ?

米国で製作された『見てはいけない』(原題:Don’t Watch This)は、全5話でシーズン1が完結する短編ホラー作品です。

1シーズンを30分もあれば見終えてしまいますが、ほんの数分間に恐怖が凝縮されていると話題です。

Netflixでも配信されていた本作品ですが、残念ながら現在は配信が終了していて観られません

そこで、『見てはいけない』が配信終了してしまった理由は何なのかをご説明します。

また、Netflixで配信終了してしまう作品をどう確認するのかを見ていきしょう。

結論:作品のライセンス契約が終了したから

Netflixで短編ホラー『見てはいけない』が観られなくなってしまったのは、作品の制作会社や配給会社とのライセンス契約が終了してしまったからです

Netflixでは、作品の配信を下記の基準で判断しています。

映画やドラマのライセンス契約が切れる際、Netflixでは次のことを検討します:

  • 作品の権利を引き続き利用できる場合
  • その地域でどれだけ人気があるか、ライセンスの取得にどれだけのコストがかかるか

引用:Netflixヘルプセンター

上記2点を満たさない作品は、Netflixでの配信が終了します。

『見てはいけない』は、ライセンス契約を継続できなかったということになります。

配信期間は作品ごとに確認する

Netflixでは、配信終了間近の作品を一覧で表示できません

作品ごとの配信期間を知りたい場合、各作品の詳細ページで確認する必要があります。

配信終了間近の場合、作品詳細内に配信終了日が以下のように記載されますのでチェックしましょう

スポンサーリンク

最恐!Netflixでおすすめのホラー作品4選<海外・洋画編>

「Netflixでホラーを観たい!」

そんな時におすすめの、Netflixで配信中のホラー作品をご紹介します!

まずは、海外作品から以下4選です。

  • 『呪詛』
  • 『ドント・ブリーズ』
  • 『ゲット・アウト』
  • 『SMILE / スマイル』

各作品について詳しく見ていきます。

『呪詛』

作品名呪詛
製作国台湾
公開時期2022年
上映時間111分
ホラージャンル超常現象 / 悪魔 / 死神
あらすじとある宗教施設の禁忌を破り呪われた主人公が、自身の娘へも降りかかる呪いから必死に逃れようとする姿を描く。6年もの月日が経っても付きまとう恐ろしい呪いから我が子を守ることはできるのか…。

『呪詛』は、台湾で実際に起きた事件をモチーフにして製作された、Netflixオリジナル作品です。

ドキュメンタリーのようなタッチでストーリーが進み、ついつい引き込まれてしまうのが本作のポイントです。

数多くの新興宗教が存在する中、日本でも実在しそうなリアルな恐怖を味わいたいあなたにおすすめです。

『ドント・ブリーズ』

作品名ドント・ブリーズ
Don’t Breathe
製作国アメリカ
公開時期2016年
上映時間88分
ホラージャンルスリリング
あらすじ親元から離れ町から出るために資金が必要だった若者3人が、とある盲目の老人宅に強盗に入ることかは物語が始まる。楽勝かと思われたが、実は想像を絶する本性を隠し持つ主の家で…。

リメイク版『死霊のはらわた』のフェデ・アルバレス監督作品です。

2021年に『ドント・ブリーズ2』が公開されるほどのヒット作として、目にされた方も少なくないでしょう。

サイコパス系の手に汗握る恐怖を味わいたいあなたにぜひ一度観ていただきたい作品です。

『ゲット・アウト』

作品名ゲット・アウト
Get Out
製作国アメリカ
公開時期2017年
上映時間104分
ホラージャンルスリリング / 風刺
あらすじアフリカ系アメリカ人の写真家が、恋人の実家に招待され熱烈な歓迎を受ける。しかし、彼女の家の使用人は全員黒人で、翌日催されたパーティーに白人しか招待されていないことに違和感を覚え…。

第90回アカデミー賞でなんと4部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した大ヒットを飛ばしました。

人種差別をテーマにした社会的メッセージの強い作品となっているのが、話題となったポイントです。

不気味な雰囲気と、人間醜い部分に焦点を当てた「生きている人間が一番怖い」を味わいたいなら本作を推奨します。

『SMILE / スマイル』

作品名SMILE / スマイル
Smile
製作国アメリカ
公開時期2022年
上映時間115分
ホラージャンル身の毛もよだつ / ゾクっとする / 超常現象
あらすじある教授の自殺を目撃した学生をカウンセリングすることになった主人公の精神科医が、謎の笑みを浮かべ豹変していく人々に追い詰められていく姿を描く。気味の悪い笑みを浮かべ死んでいく彼らに一体何が…。

2020年公開の短編映画『ローラは眠れない』が基となった作品です。

不気味さと気持ち悪さが絶妙で、観ている側も終始体がこわばってしまいます。

思わず驚いてしまうシーンが多く、ドキドキな恐怖を味わいたいあなたにおすすめです。

スポンサーリンク

トラウマ級!?Netflixでおすすめのホラー作品4選<日本・邦画編>

「日本ならではのホラー作品が観たい!」

そんなあなたに、Netflixで配信中の邦画ホラー作品4選をご紹介します!

  • 『冷たい熱帯魚』
  • 『事故物件』
  • 『カラダ探し』
  • 『呪怨 呪いの家』

それぞれどんな作品なのか見ていきましょう。

『冷たい熱帯魚』

作品名冷たい熱帯魚
製作国日本
公開時期2010年
上映時間146分
ホラージャンル身の毛もよだつ / スプラッター
あらすじ小さい熱帯魚店を営む主人公は、娘と後妻の関係の悪さに悩まされていた。娘が万引きをしたことがきっかけで知り合った同業者の事業を手伝うことになり、次第に恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく…。

実在する複数の猟奇殺人事件をもとに、人間の狂気と愛を描くサスペンスホラーです。

グロさとリアルさが共存した、園子温監督独特の世界観に心を奪われます。

サイコパスの狂気を味わいたい時は、本作がおすすめです。

『事故物件』

事故物件はNetflixで配信中

Netflix『事故物件』

作品名事故物件
製作国日本
公開時期2020年
上映時間111分
ホラージャンルスリリング / 超常現象
あらすじテレビ出演のために事故物件に住むことになった芸人に起こる、不可思議な現象を追う。ある日の撮影で心霊現象を捉えることができた彼は、お茶の間の人気者になり、心霊ネタ探しに事故物件を転々とするようになり…。

実話に基づいたノンフィクション作品です。

「事故物件住みます芸人」の松原タニシさんの実体験が映画化されました。

コメディ要素もあり、最後まで手に汗握る流れではないのでライトなホラーを味わいたい時に観てみてはいかがでしょうか。

『カラダ探し』

作品名カラダ探し
製作国日本
公開時期2022年
上映時間102分
ホラージャンル緊張感 / スリリング
あらすじ死のループから逃れられない高校生の姿を描く。校内で出会うはずのない幼女に「カラダを探してほしい」旨を訴えられた主人公が、ある時間になるとクラスメイト6人とともに自分たちが殺される空間に移動してしまい、幼女のバラバラになった体をすべて見つけるまで繰り返し殺され続けてしまう。

小説投稿サイト「エブリスタ」から発展し、2014年には漫画化された話題作です。

青春映画特有の仲間同士の助け合いが多いので、友人たちと鑑賞すると楽しめます。

得体の知れない怪物に襲われるパニック映画好きなら、ぜひ一度観ていただきたいです。

『呪怨 呪いの家』

作品名呪怨 呪いの家
製作国日本
公開時期2020年
上映時間全6話(各話26~31分)
ホラージャンルゾクっとする / スリリング
あらすじ呪いの家を探し始め心霊研究家が、その家にまつわる忌まわしい過去を明らかにしていく。1軒の家に自然と引き寄せられた人々に降りかかる呪いとは…。

映画だけでも6作品ある大ヒットシリーズ呪怨の、Netflixオリジナルドラマの本作。

暴力的シーンやグロテスクな描写が積極的に用いられ、場所に残された人の怨念に焦点を当てて描かれた日本ホラーとなっています。

日本ならではのホラーを楽しみたいあなたにぴったりの作品に仕上がっています。

スポンサーリンク

話題のネトフリオリジナル『呪詛』の怖さレベルは?見たらどうなる?

・『呪詛』を見たら呪われる
・『呪詛』を見てはいけない

上記のような声をSNS上で目にしたことはありませんか?

台湾から生まれたアジアンホラー『呪詛』には、しばしばこのような噂を耳にします。

結論から言うと、『呪詛』を観たら必ず呪わられるというわけではありません

「観たら呪われる」という宣伝文句は、昔から世界中で用いられてきました。

日本ホラー界ではお馴染みの『リング』で登場する「呪いのビデオ」が挙げられますが、作品を観た人が全員呪われたということはありません。

そのため、本作においても観た人が必ず呪われる可能性は低いです。

ただし、本作を鑑賞後いつまでも頭から離れず、軽い気持ちで観てしまったことを後悔することは大いにありえます。

実際に起こったカルト集団の事件を基にしているため現実味があり、鑑賞者参加型の撮影手法で、ある種の悪質な宗教勧誘されているかのような感覚に陥ってしまうかもしれません。

\ここでしか観られない/

Netflixで『呪詛』の恐怖を体験しよう

スポンサーリンク

Netflixで配信中のおすすめホラー作品

前述では、洋画・邦画ごとのホラー作品をご紹介しました。

Netflixでは、他にも様々なホラー作品が配信されています。

そこで、「サスペンスホラー」「ホラードラマ」ジャンルで2作品をおすすめします。

どちらの作品もNetflixで見放題配信中なので、この機会にぜひご覧になってみてください!

『死刑にいたる病』:ジャパニーズサスペンスホラー

作品名死刑にいたる病
製作国日本
公開時期2022年
上映時間129分
ホラージャンルスリリング / サスペンス / 緊張感
あらすじ連続殺人犯として逮捕された知人から、一連の殺人のうち最後の一件のみ自身の犯行ではないと打ち明けられた大学生の主人公。その真犯人を突き止めてほしいと頼まれ…。

なんといっても、阿部サダヲの演技が光る本作品。

グロテスクさとサイコパス要素が絶妙で、気付いたときには本作の世界観に引き込まれています。

ストーリーは含みを持たせた終わりを迎えるので、考察が好きなあなたにおすすめです。

『ギレルモ・デル・トロの驚異の部屋』:最新ホラードラマ

作品名ギレルモ・デル・トロの驚異の部屋
Guillermo del Toro’s Cabinet of Curiosities
製作国アメリカ
公開時期2022年
上映時間全8話(各話38~64分)
ホラージャンル身の毛もよだつ / ゾクっとする / スプラッター
あらすじ不気味な悪夢から創り出される恐ろしい8つのストーリー。米国版『世にも奇妙な物語』のような感覚に陥る作品。

SFからゴシック・ホラーまで手掛けるメキシコ出身の名監督ギレルモ・デル・トロ製作のNetflixオリジナルドラマ作品です。

圧倒的な映像美で紡がれる恐怖が癖になる方も少なくないはず。

オムニバス作品なので、不思議で恐ろしい体験を複数回味わいたい時にぜひ体験してみてください。

Netflixでしか体験できない恐ろしさを、ぜひこの機会に味わってみてください!

\オリジナル作品が豊富/

Netflixに登録してホラーを楽しもう

コメント