【2022年11月】つまらない映画20選!邦画・洋画別に紹介

スポンサーリンク
おすすめ映画

莫大な費用をかけて制作される映画。作品によって面白い・つまらないは分かれますが、映画の中には大多数が「つまらない」と酷評するものもあります。

2022年8月6日に公開された「ONE PIECE FILM RED」も、賛否両論でしたね。

「原作は面白かったのに、実写は全然面白くなかった…」「1作目は面白かったのに、2作目は別作品と思ってしまうくらいつまらなかった…」など、期待外れでがっかりすることも。

そこでここでは、筆者が独断と偏見でつまらない映画を20作品ピックアップしてご紹介!

あえて「つまらない映画を見てみたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください◎

スポンサーリンク

つまらない映画20選の概要

今回は次のテーマごとに映画をピックアップしました。

  • 死ぬほどつまらない残念な「邦画」5選
  • 死ぬほどつまらない残念な「洋画」5選
  • 名作といわれているけどつまらない映画5選
  • 1は面白いけど2がつまらない映画5選

合計20選。独断と偏見でピックアップしたので、ぜひあなたの意見もコメントいただけると嬉しいです!

スポンサーリンク

死ぬほどつまらない残念な邦画5選

死ぬほどつまらない残念な邦画が次の5作品。

  1. 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
  2. ギャラクシー街道
  3. 探偵はBARにいる
  4. ゲド戦記
  5. Diner ダイナー

それぞれ個人的なレビューを書いていきますね。

1.進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

人気漫画、進撃の巨人を2015年に映画化した作品です。

当時、進撃の巨人が話題になり三浦春馬さん主演で映画化するとあって、大変期待されていた映画。

私も進撃の巨人好きの一人として期待半分、不安半分といったところでした。

結果はがっかり!

当時、ネット上でもつまらないと、荒れに荒れていましたね。

特に、漫画ファンからは、キャラクター設定の変更や謎ストーリーの追加に、酷評がほとんど。

三浦春馬さんや、石原さとみさんの演技はよかったですが。。。

2.ギャラクシー街道

2015年に三谷幸喜さんが監督したコメディー作品です。

安心の三谷作品に加え、香取慎吾さんや、綾瀬はるかさん、小栗旬さんといった豪華なメンバー。

しかし、期待値が高っただけに結果は残念でした。

びっくりするほどつまらない。

このまま面白くないコントを2時間見ていくのか、と思うと正直気が遠くなりました。

私は、ザ・マジックアワーやステキな金縛りなどを見たことがあるのですが、この作品は異質。

ギャグが面白くない上に、出産や、脱皮、売春と気分が悪くなるシーンも多くあります。

3.探偵はBARにいる

大泉陽さん、松田龍平さん主演の探偵ものです。

原作が東直己さんのデビュー小説で、映画も3作目まで作られました。

シリーズ化できたということはある程度人気で、ファンの人がいるのも承知の上ですが、今回この作品を挙げます。

なによりも展開スピードが遅い!

映画がつまらなくて、眠たくなったのは初めてでした。

個人的に、海外ドラマや洋画のサスペンスものに慣れているからなのか、間延びが半端ないです。

U-NEXTで無料視聴してみる

4.ゲド戦記

たまには、見たことのないジブリ作品を見てみようと思う時もあるはず。

そんな時は、ゲド戦記はつまらないので避けた方が無難です。

ゲド戦記は、2006年にアーシュラ・K・ル=グウィン氏の世界的ファンタジー小説を映画化したもの。

宮崎駿監督の長男の宮崎吾朗さんが、初メガホンをとった作品として話題になりましたよね。

しかし、ジブリにしては人身売買や麻薬など内容が重く、個人的には声優さんにも違和感を感じました。

まず声で世界に入り込むことができず、取り残された感があります。

ストーリーも小説版を掻い摘んでしまっているので、余計につまらなく感じるのでしょう。

5.Diner ダイナー

平山夢明さんの小説「ダイナー」を2019年に蜷川実花監督によって映画化された作品。

蜷川実花さんと言えば、色鮮やかな花をいっぱいに写真を撮られる写真家さんで有名ですね。

藤原竜也さん、窪田正孝さん、斎藤工さん、小栗旬さんという素晴らしい俳優陣の演技は良かったです。

でも見ていられない寒さ、ダサさを感じます。

「みんな、こういうシーン好きでしょ?」

というような意図を感じる、無意味なシーンも多く、俳優さんが良いだけにつまらなくて残念でした。

U-NEXTで無料視聴してみる

スポンサーリンク

死ぬほどつまらない残念な洋画5選

死ぬほどつまらない残念な邦画が次の5作品。

  1. バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲
  2. ドラゴンボール エボリューション
  3. チャーリー・モルデカイ-華麗なる名画の秘密
  4. アサシンクリード
  5. 世界にひとつのプレイブック

それぞれ個人的なレビューを書いていきますね。

1.バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲

アメコミ作品は、好き嫌いが分かれるものの楽しく観る分には万人が楽しめる作品が多いです。

しかし、そんなアメコミ作品の中で酷評されているのが、バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲。

1997年公開で、ジョージ・クルーニーやクリス・オドネル、アーノルド・シュワルツェネッガーという豪華キャストで話題になりました。

しかし、内容はまさに子供向け。

最近のバッドマンシリーズを見てから、今作を見るとバッドマンのキャラ設定にがっかりするかも。

U-NEXTで無料視聴してみる

2.ドラゴンボール エボリューション

2009年に鳥山明さんの人気コミックドラゴンボールをハリウッドで実写化した作品。

各批評サイトにて酷評が目立った映画でもあります。

原作のドラゴンボールとは、全く違うキャラクター設定やストーリーに怒りの声まで!

主人公の孫悟空は、原作とは正反対の性格で驚く人も多数いました。

恐ろしいほどつまらないので、怖いもの見たさで見てみるのは良いかもしれませんが、期待しない方が良いですね。

U-NEXTで無料視聴してみる

3.チャーリー・モルデカイ-華麗なる名画の秘密

2015年公開の、ジョニー・デップ主演し話題になった作品。

ジョニー・デップらしい、かなり癖のある見た目のキャラクターでポスターだけ見ると大変楽しそう!

しかし、内容は下ネタ、汚いシーン満載。

言葉遣いもかなりひどいので、お子様には見せられないなと個人的に思います。

ストーリーも、意味が分からないという声が多数あり、私もつまらなかったので納得です。

きっとジョニーが演じる新しいキャラクターを楽しむための、映画なのでしょうね。

同じチャーリーなら、チャーリーとチョコレート工場をオススメします。

U-NEXTで無料視聴してみる

4.アサシンクリード

全世界で人気というゲームシリーズを、2017年に映画化した作品です。

先祖がアサシン(暗殺者)で、その記憶を呼び覚まされた死刑囚が歴史の謎を解き明かすというミステリーアクション。

こちらは予告がかっこよく、期待していました。

一言でいうと、難しい!

そして分かりづらいな、というのが印象でした。

ゲームの知識がないからか、設定に追い付けず、宗教的な背景も理解が及ばず。

ゲームらしい走り回るアクションシーンは見ごたえありましたが、内容はつまらないです。

U-NEXTで無料視聴してみる

5.世界にひとつのプレイブック

こちらは2013年に公開され、第85回アカデミー賞の作品、監督、脚色、主演・助演男女などでノミネートされた作品。

とても評価されており、期待値が高かっただけに残念に感じました。

死ぬほどつまらない!とまではいかないかもしれませんが、ランキングに入れています。

主演は、ブラッドリー・クーパーと、ジェニファー・ローレンス。

2人とも心に傷を負いもがきながらも、ダンスを通じて前を向こうとしていく姿を描いています。

正直なところ、感情移入しずらい、そしてストーリのつまらなさが残念ポイントに。

精神疾患があるとはいえ、急に怒鳴ったり、身勝手な行為は観ていて嫌な気分になってしまいました。

U-NEXTで無料視聴してみる

スポンサーリンク

名作映画と言われているけどつまらない映画5選

名作と言われているけどつまらない映画が次の5作品。

  1. アバター
  2. バードマン
  3. JOKER
  4. 時計じかけのオレンジ
  5. スタンドバイミー

それぞれ個人的なレビューを書いていきますね。

1. アバター

2009年に公開され、3Dの素晴らしい映像と世界観で有名になった作品です。

巨匠ジェームズ・キャメロン氏が、タイタニック以来に制作したとあって大変話題になりましたね。

私は2Dで観ました。

確かに、映像は綺麗。

でも映画の内容は、つまらない印象です。

共生がテーマだったと思うのですが、そのストーリーやキャラクターに強い共感、関心が持てたかは微妙。

見たこともない世界を体感するにはぴったりだと思いますけどね!

2. バードマン

2015年公開の作品で、第87回アカデミー賞では9部門にもノミネートされています。

作品賞、監督賞なども受賞しているので、観てみました。

結果は、そんなにすごい作品なの?という印象。

確かに、一発長回しで撮っているような撮影方法や、BGMはドラムロールのみといった斬新さはすごいです。

とてもリアルに主人公を隣に感じられます。

ただ、主人公への共感度やストーリー展開の起伏が少なく感じ、評価されている割に物足りなさを感じました。

U-NEXTで無料視聴してみる

3. JOKER

こちらも大変評価の高い作品。

2019年に公開され、第92回アカデミー賞では11部門でノミネートされ、主演男優賞を獲得しています。

確かに、ジョーカー演じるホアキン・フェニックスさんの演技には大変引き込まれました。

ジョーカーという異常な存在も、始まりは人と違うけれど一生懸命生きようとした青年だったのだと感じられます。

テンポも、音楽も、ストーリーも言うことなし!

なのですが、個人的には犯罪を犯すジョーカーに感情移入できず、映画を楽しみ切れませんでした。

毎日ポジティブに過ごしている人には、特につまらないなと感じそうです。

U-NEXTで無料視聴してみる

4. 時計じかけのオレンジ

1972年公開の名作で、第44回のアカデミー賞にもノミネートされています。

この作品は、特に見る前に内容を確認することをオススメします。

かなり、暴力的、性的で、20代女性が観るには少し苦しくなりました。

それくらい刺激が強い分、社会への皮肉がメッセージとして伝わるのでしょうか?

苦手な人も多いかと思いますので、特に人と見る時は注意が必要ですね。

U-NEXTで無料視聴してみる

5. スタンドバイミー

1986年公開の名作、スタンドバイミー。

個人的には観て良かったと思う映画でしたが、起伏の少ないストーリーのためつまらないと感じそうです。

家柄など気にせず、ただただ楽しく好奇心のまま生きた子供時代を懐かしく思い返せる。

そんな映画。

有名なあのBGMが流れ、列車のシーンになったとき

「これで私は、ようやくスタンドバイミーを観れたんだ」

と達成感も味わうことができますが、それまでが少し長く感じるかと思います。

U-NEXTで無料視聴してみる

スポンサーリンク

1は面白いけど2がつまらない映画5選

1は面白いけど2がつまらない映画が次の5作品。

  1. ホームアローン2
  2. アナと雪の女王2
  3. デスノート Light up the NEW world
  4. スピード2
  5. バタフライエフェクト2

それぞれ個人的なレビューを書いていきますね。

1. ホームアローン2

クリスマスといえば、ホームアローン!

毎年、テレビでも再放送されて、私も、つい見たくなってしまいまう、人気作ですね。

ただ、オススメはやはり1作目かなと思います。

2作目は場所をニューヨークに移し、よりクリスマス感は感じられるのですが、二番煎じ感が否めません。

1作目では、末っ子が頑張って泥棒をやっつけるストーリーに笑ったり、応援したりできましたが、2作目は悪ふざけが凄い印象。

ビルの屋上から、子供が泥棒にレンガを投げつけるシーンなどやりすぎ感があり、冷めてしまいました。

U-NEXTで無料視聴してみる

2. アナと雪の女王2

2014年に公開し、第86回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞したアナと雪の女王。

その続編が2019年に公開されましたが、内容はイマイチ。

確かに前作が歌、内容、ともに良かっただけに比較するとつまらなかったと感じます。

全体的に暗い印象で、精霊の登場や、少数民族の話も盛り込まれ内容が少し難しい点が、期待とのズレに。

続編の難しさを改めて体感する作品でした。

U-NEXTで無料視聴してみる

3. デスノート Light up the NEW world

2006年に藤原竜也さん、松山ケンイチさんが主演を務めた、大人気漫画の実写化デスノート。

漫画の実写化は期待が高まる分、評価が下がりやすいですが、見事に成功した1作目。

なぜか10年後の2016年に、続編が作られ公開されましたが、内容はつまらないものに。

デスノートに期待していた、天才的で複雑な頭脳戦などが感じられずイマイチ盛り上がりに欠けます。

確かに出演している東出昌大さんや菅田将暉さんの演技はよかったのですが。

U-NEXTで無料視聴してみる

4. スピード2

1994年にキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック出演で話題になったスピードの続編。

1作目は第67回 アカデミー賞を受賞するなど、評価口コミの良い映画でした。

しかし2作目は残念な出来に。

まず、キアヌ・リーブスがいないのに加え、スピードという名なのに豪華客船が舞台。

前作のバスジャックに比べると、スピードに求めるハラハラドキドキ感がなくつまらないと感じました。

5. バタフライエフェクト2

2005年に公開された、タイムリープ系のSF映画です。

バタフライエフェクトとは、ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こるという意味。

みんなが幸せになれるよう、過去を書き換えようとする物語で、1作目はかなり印象に残っています。

しかし、2作目は残念ながらつまらない。

1作目とは全く別物と思っても、ストーリー展開に難ありです。

過去に遡る力を、「みんなが幸せになれるように」ではなく、自分の私利私欲に使っているようで冷めてしまいました。

スポンサーリンク

最近の映画はつまらないし面白くない…?

私の個人的、つまらないと思う映画20選をご紹介しました。

これだけ挙げると、最近の映画は面白くないのか、と思われてしまいそうですがそうではありません。

古い映画でも、新しい映画でも、心にぐっと残る作品は数多くあるもの。

また、その時の自分の状況や、気持ち次第で見え方が変わっていくのも映画の特徴です。

ここに挙げた20作品も、見方次第では良いポイントがあるのかも?!

 

コメント

映画好きさんにおすすめのVOD3選

→おすすめのVODをチェックしてみる♪

タイトルとURLをコピーしました