【映画館】デートでおすすめの席どこ?選ぶポイントと絶対に選んではいけない場所を紹介!

デートの定番スポットいえば、映画館。

まだお互いを深く知らず、会話が続くか不安・・・。だからこそ、共通の話題ができる映画を初デートに考えている方も多いのではないでしょうか?

肝心の初デートを楽しく・充実したものにするためには、事前準備、心構えが必要です!

映画デートの席はどこがいい?

予約はした方がいい?

気になる点を、元映画館スタッフで映画好きの私が徹底解説いたしますね。この記事を読めば初めてもそうでない方も映画デートの準備バッチリです!

ちなみに、映画(邦画)が見放題の動画配信サービスをこちらで紹介しているので、あわせて参考にしてみてください!

【邦画】見放題VODおすすめランキングTOP10!作品数や口コミを検証

目次

映画デートでがっかりさせないために!席を勝手に決めるのはNG

まず大事なことは、映画デートの前に相手の希望の席を聞くことです。

ようやく映画デートできることになったら、それだけで心はすでにワクワク。

しかし、より楽しく、好印象を得るためには、事前準備は欠かせませんよ。

映画館で席決めするデート中のカップルが、場所について揉め、気まずい雰囲気になることは意外とあります。

相手に、席のこだわりがあるかもしれないので、必ず事前に希望を確認しましょうね。

面白いことに、映画館で座りたい席は人によって全く異なります。

人が隣にいない方がいいのか、スクリーンに対して中心がいいのか。

価値観はそれぞれです。「この席じゃないと!」と自分の気持ちを押し付けることのないよう気をつけましょう。

映画デートの席が決まったら必ず予約しておく

相手との相談で席を決められたら必ずしておかなければいけないことがあります。

それは、必ず映画デート時は事前に席を予約しておくことです!

当日の混雑が読みづらい、映画館。

チケットを購入するのに行列に並び、選ぼうと思ったらほぼ満席ということが頻繁に起きます。

不穏な空気になって、映画を諦めるカップルの方を何組も見てきました。

デートで好印象を得るためにも、事前予約をして行列を横目に「予約してあるよ」と言えると良いですよ!

【タイプ別】映画デートで座る位置に迷ったときのポイント8選

相手と席を決めようとしても、特にこだわりがないと答えられることもあります。そんな時はあなたが席を選ばなくてはいけません。

完全に自分の好みだけで選んで相手に嫌な思いをされてしまったらなんだか嫌ですよね。

席選んでくれてありがとう!見やすくて楽しめた!

そんな言葉がもらえたら、とっても嬉しいはず。頼りがいのある人だな、と思ってもらえるチャンスです!

印象に残る映画館デートにするための、おすすめの席を相手のタイプに合わせてご提案します!

  • タイプ1:相手の身長が低い
  • タイプ2:相手の身長が高い
  • タイプ3:相手も映画が大好き
  • タイプ4:ゆったり映画を見たい
  • タイプ5:3D映画の臨場感を楽しむなら
  • タイプ6:カップル感を味わうなら
  • タイプ7:特別感を演出するなら
  • タイプ8:すでにカップルの場合

タイプ1:相手の身長が低い→通路側

相手の身長が低いのであれば、映画館の席は通路側がおすすめです。

もし前に背が高いお客さんが座った場合、高低差はあるとはいえ頭が見えて映画どころではない場合も。

通路側なら、角度によっては前の人を気にせずスクリーンに集中することができます。

自分は低身長だからと普段から諦めがちな方に、そんな心遣いが響く可能性が高いです。

「通路側なら見やすいかなと思って」などの一言を添えると、より効果的。

映画デートに限らず、相手がより楽しめるような配慮に好感度が一気に上がります。

タイプ2:相手の身長が高い→ブロック最後の列

相手の身長が高いのであれば、映画館の席はブロック最後列。

背が高い人は、自分が座ることによって後ろの人に迷惑になっていないか気にしています。

最後の列であれば、背の高いお相手も気兼ねなく映画を楽しめます。

背の高さにコンプレックスに感じている人だったら、この気遣いがうれしい場合も。

ただし、女性が自身の背の高さを気にしていたら、この配慮に関して一言添えるのはやめておきましょう。

気遣いどころか、地雷を踏んでしまうことになりかねません。

相手がネガティブな気持ちになる可能性があるのなら、事前に回避しておくことが大事ですね。

[ad]

 タイプ3:相手も映画が大好き→中央

相手が映画好きな方なら、映画館の席の場所は断然中央の席にしましょう!

私も、映画館で映画を観るなら中央の席一択です。

周りに人がいる、いないに関わらず、映画に集中して楽しめる席が、映画好きにとっては一番。

映画デートで端の席は2人きりになれて良い気もしますが、映画好きの方の場合少し残念がってしまう可能性も?

集中して映画を楽しみ、鑑賞後に距離を深めてくださいね。

 タイプ4:ゆったり映画を見たい→前に通路のある席

たとえば仕事帰りのデートの場合。

心も体も疲れてゆっくりと映画を楽しみたいと思っているのであれば、前に通路のある席がおすすめ。

各ブロックの中央だと、足が伸ばせず窮屈さを感じます。

鞄や傘を足元に置くとさらに狭く感じ、見終わったころには体がガチガチ。

そんな状態では、鑑賞後に楽しく会話することも難しいかもしれません。

相手の方の、前日や会う前までの予定から、足元が広い席を選んであげるのも優しさですね。

[ad]

タイプ5:3D映画の臨場感を楽しむなら→思い切って最前列


映画館の席で最前列に座ったことがある人は少ないのでは?

スクリーンが驚くほど大きく感じ、3D映画ならなお一層迫力も満点。

最前列に座らないと味わえない臨場感があります。

事前に相手に最前列についてどう思うか確認し、好意的であれば思い切って選んでみましょう。

2人で新しいことにチャレンジすると楽しい経験になり、思い出の映画デートになるでしょう!

【映画館】最前列って見え方や座り心地はぶっちゃけどうなの?

タイプ6:カップル感を味わうなら→カップルシート


最近の映画館は、デートするカップル向けの席としてカップルシートがあります。

2人用のため、間に仕切りや腕置きがなく密着度もアップ。

2人だけの空間になるので、よりデート感が出てワクワクしますね!

しかし気になるのは付き合っていないのにカップルシートを選んでいいものか・・・。

もちろん利用は出来ますが、相手によってはその距離感に引いてしまう場合もあります。

距離を縮めるために思い切るかどうかは相手と相談して決めると安心です。

相手の性格やドリンクの共有など、事前に軽いスキンシップをもとに抵抗感のあるなしを確認しておきましょう。暴走は厳禁です!

映画館のカップル席とは?

施設によっては、ペアシート、プレミアムシートとも呼ばれます。

  • 2人掛けの席の間に肘掛けがない
  • 座席がソファー
  • 寝転べるようになっている
  • フットレストがある
  • プライベートシアター

など、映画館によって使用はさまざま。

付き合いたてのラブラブなカップル、気心の知れたカップルなど、デートにおすすめな座席です。

また、家族で利用することも可能です。

男女のカップル限定ではなく、親子でも利用できますので未体験の方はお試ししてみてはいかがでしょうか?

映画のカップルシートはどんな感じ?

カップルシートは映画館の後方に位置していることがほとんどです。

そして2つの席が密着していますが、普通の座席だったりリクライニング式だったり様々。

過ごしやすさを重視し、座り心地の良い椅子と広いスペースのあるカップルシートなんかもあります。

カップルシートから映画館を選ぶのもいいかもしれません。

タイプ7:特別感を演出するなら→プレミアムシート

引用元:ユナイテッド・シネマ豊洲 プレミアムペアシート

カップルシートよりも豪華な、プレミアムシートという席を設置している映画館もあります。

上質な素材が使われ、通常よりも広く設計されており、特別な気持ちに浸れる席。

通常よりも料金が上がりますので、さらにラグジュアリーな雰囲気を演出できます。

誕生日やイベントなど、記念日デートにおすすめです。

「大事にしてくれているな」と思ってもらえる機会になりますよ。

タイプ8:すでにカップルの場合→相談して決める

すでに付き合っていて、映画館デートをする場合は、相談をして決めましょう。

カップルと言っても、親しき中にも礼儀あり。

相手の都合を考えない行動ばかりだと、2人の関係がマイナスになりかねません。

大の映画好きで毎回中央席を選んでいる。しかしその日はカップルシートでゆったりくっつきながら映画を楽しみたい気分かもしれません。

相手の性格を知っていても、日によって気分が変わることはありえます。

面倒くさがらずにコミュニケーションをとるようにする気遣いが、他の場面でもプラスになるでしょう。

映画デートにおすすめしない席

お相手のタイプ別に、映画デートでおすすめの席をご紹介しました。

一方で、映画館には「この席は避けるべき」という席があります。

事前に頭に入れておいて、ネガティブな要素は回避していきましょう!

ただし、混雑状況によっては席を選べないこともありますので、その場合の対策もご紹介します。

映画デートの参考にしてみてください。

<映画デートでおすすめしない席>

  • 最前列
  • 両端

最前列

先ほど、おすすめの席で3D映画の臨場感を味わうなら、最前列とお伝えしました。

非日常感があり、アトラクションのような楽しみ方ができるからです。

ただ、ゆったりと映画を見たいのであれば避けるべき場所。

最前列の席は映画の内容に合わせ、相手にも確認したうえで選びましょう。

対策:リクライニングシートのある映画館を選ぶ


もし、どうしても最前列しか選べなかった場合は、リクライニングシートを採用している映画館を選ぶとよいです。

最前列のデメリットである、首の痛みを回避することができます。

また、最前列で映画を楽しむコツについては下記にてご紹介していますので、ご参考まで。

【映画館】最前列って見え方や座り心地はぶっちゃけどうなの?

両端

たとえば、階段を挟んだ両端の席が空いている場合。

お互い席から出入りがしやすいですが、隣同士に座れず間が空いてしまうことで、少し寂しさを感じる可能性が。

また、映画館の端の方の席は、スクリーンとの角度の問題で少し見づらい傾向があります。

せっかくの映画デートなので、事前に隣同士の席を確保しておくことをおすすめします。

対策:できるだけ後ろの席にする

先程、映画館の端の方の席は、スクリーンとの角度の問題で少し見づらいとお話しました。

その場合の対策は、できるだけ後ろの席を選ぶようにすると、見づらさが軽減されるのでおすすめです。

具体的に挙げると、最後列から5列くらいまでがよいです。

ただし、場内の大きさにより変わりますので、あくまでも参考まで。

映画館デートで気をつける4つのポイント

映画デート時の席の場所について、詳しく解説しました。

続いては、選ぶ作品や座席選び以外の重要点についてご説明します。

デートで大事なのは、なんといっても気配り。

映画デートで頭に置いておきたい気配りを以下の4つ紹介していきます。

  1. 公開当日はNG
  2. 基本は相手の好みのジャンルに合わせる
  3. 映画館グルメを買う時も相談して決める
  4. 付き合う前にR-指定の映画は避ける

 1. 公開当日はNG

「気になる映画が公開するから、見に行こう!」と誘いやすいのは、もうすぐ公開する映画ですよね。

話題作や人気俳優出演の注目作など、早く観たい気持ちは分かりますが、公開当日はNG。

事前予約をしたとしても、大混雑が予想されます。

2〜3週間経てば、お客さんの入りも大分落ち着きますので、より静かに映画を楽しめるでしょう。

そのため、特に初の映画デートでは公開当日は避けることをおすすめします。

 2. 基本は相手の好みのジャンルに合わせる

観る映画のジャンルは、事前に相手に確認をしましょう。

苦手なジャンルがあるかもしれません。

洋画なら、字幕か吹替かも必ず確認が必要ですね。

せっかくの映画デート、相手だけでなく自分も楽しみましょう!

そのために、映画の作品が2人にとって楽しめるものを選んでください。

作品を選ぶ際の会話も、相手のことをより知ることができるチャンスです。

3. 映画館グルメを買う時も相談して決める

映画デートでは、席や作品だけでなく、映画館グルメを買う際も相談して決めるとよいです。

おすすめは、なんといっても王道のポップコーン。

匂いがきつくない・落としても汚れにくい・音が気にならないの3拍子が揃っています。

さらに、味の種類もいくつかから選べるので、初デートの際など相手との話題作りにもなります。

ただし、ここでも気遣いをお忘れずに。

ポップコーンが苦手な人もいるので、必ず相談してから決めることをおすすめします。

【映画館】ポップコーンのサイズ別の値段やカロリーは?持ち帰り方法も解説

映画館チュロスの不思議!値段やカロリーは?持ち帰りできる?

4. 付き合う前にR-指定の映画は避ける

映画館では、年齢指定がある作品も上映されています。

R-18は性的な表現などの描写があり、特に初デートでは気まずい思いをすることも。

R-15も暴力的な描写などに対し、相手によってはショックを感じるシーンがあります。

楽しい映画デートにするためにも、まずは避けておく方がベター。

ただし、激しいアクションやホラー系が好きな相手に関しては、観る作品を決める際に話し合って決めましょう。

【まとめ】映画デートでおすすめの席

デートでおすすめの席等について紹介しました。

  • 映画デートはどの席がいい?
  • 映画館でカップルが座る位置は?

この2つについて、結局のところどこなのかを改めてまとめました。

映画デートはどの席がいい?

結論は、「映画デートはどの席がいいかは、相手によって異なる」です。

映画館で映画を観る際におすすめの席、であれば「中央から少し後ろの真ん中の席」と真っ先にお話します。

ですが、映画デートとなると話は別。

相手はどの席を選べばデートを楽しんでくれるかを考えることが大切になってきます。

相手を思いやる気持ちをもって、デートを楽しみましょう。

映画館でカップルが座る位置は?

続いて、映画館でカップルが座る位置について。

こちらも、「映画デートはどの席がいいかは、相手によって異なる」です。

「タイプ8:すでにカップルの場合→相談して決める」でも触れましたが、人は日によって気分がは変わります。

普段はそっけない相手が、その日は手をつないだり観たい気分かも・・・。

イチャイチャが足りず寂しい思いをしている方、こんなチャンスはなかなかありません。

迷わず、映画デートの席は相談して決めましょう。

記念日であれば、カップルシートやプレミアムシートで特別感を演出するのもおすすめです。

下記のリンク先下部に、『地域別のおすすめ映画館』を記載していますので参考にしてください。

【初心者向け】映画館ガイド!豆知識や気になる疑問を徹底まとめ

映画デートに関するQ&A

最後に、映画デートをする上で事前に気になるであろう以下の4点をまとめました。

  • Q.初デートで映画はダメ?
  • Q.そもそも付き合う前に映画デートってどうなの?
  • Q.映画デートでチケットを買っておくのは男性?女性?
  • Q.映画デートで相手が予約してくれてた時チケット代はどうするべき?

楽しい思い出になるよう、心より応援しています!

Q.初デートで映画はダメ?

初デートで映画を選ぶのは全然ありです!

ただし勝手に座席を決めてしまうのだけは絶対にNG。

一緒に座席を選ぶ時間も話のネタになりますので、既にデートが始まっているつもりで楽しんでください。

席が決まれば予約を忘れずに。

Q. そもそも付き合う前に映画デートってどうなの?

付き合う前のデートに映画を選ぶメリット・デメリットは、それぞれ以下2点。

メリット

  • 天候に左右されない
  • 共通の話題ができる

デメリット

  • 相手を知る時間が限られる
  • 映画の内容が微妙だと気まずくなる

映画デートは、時間や屋内ということで予定が立てやすいため、付き合う前のデートで選ばれることは多いです。

その反面、上記のようなデメリットがあります。他のデートコースと比較して2人に合ったプランを考えましょう。

映画デートのデメリット対策としては、映画デート後に食事に行くなどの予定を立てておくことをおすすめします。

隣に座るのはOK

付き合っていても付き合う前にしても、隣に座るのはもちろんOK!

コロナ禍が終わり、隣同士で座ることが解禁された今、むしろ一席開けるとデートの意味がなくなります。

カップル席など密着タイプで隣に座る席は相談しないといけませんが、普通に隣の席に座るのはOKです。

手をつなぐのは慎重に

付き合う前の映画デートで、手をつないでいいのか・・・。

女性の気持ちとしては、もし手をつないでくれるのであれば、その日のうちの告白を期待します。

告白がなければ「手をつないだのはどういう意味だったんだろう。」とモヤモヤして帰ることになります。

よって、気持ちをちゃんと伝えるつもりであれば、付き合う前に手を繋ぐこともアリなのではないでしょうか。

ただし、付き合う前に密着することで引いてしまう人もいることをお忘れなく。

Q.映画デートでチケットを買っておくのは男性?女性?

予め映画デートのチケットを予約しておくとなると、どちらが買っておくべきか気になりますよね。

年齢にもよりますが、誘った方はまず相手に期待しないことが重要です。

自分から誘っておいて、払って~はちょっと・・・。

予め代金のことも話した上で、片方が購入しておくといいかもしれません。

以下は2023年3月に結婚相談所ネットワークが行った付き合う前のデート代についての調査結果です。

付き合う前のデート代についての意識調査結果

引用元:婚活事業を複合展開する株式会社IBJ婚活中の男女1,539人に「デート費用」について調査

上記の調査結果では、男女間だけでなく世代間のギャップも見られました。

また、女性の「男性側に(多めに)払ってもらいたい」理由。男性からの自分への好意の判断基準のひとつにしているためであることがわかりました。

上記の調査結果は大変参考にはなりますが、あくまでアンケート調査。

映画デートをする相手は、目の前の方です。

映画のチケット代は、カフェでのコーヒー代などよりも割高です。「割り勘派」「奢られたい派」かどうかは事前にチェックしておくとよいでしょう。

Q.映画デートで相手が予約してくれてた時チケット代はどうするべき?

映画デートのチケットを予約してくれた場合は、感謝の気持ちを伝え、自分のチケット代を払う旨を伝えましょう。

相手が受け取ってくれない場合は、映画グルメや飲み物などをお礼に買うことをおすすめします!

また、映画グルメや飲み物では金額が足りないと感じる場合は、映画デート後にカフェに誘ってみるのもあり。

映画デートのデメリットである、相手を知る時間を作ることができます。

難しい問題ではありますが、相手のタイプを見極める判断力が必要とされます。

金銭感覚に大きなズレがあると長く付き合っていくことに支障がでてくるのも事実。これからの2人の付き合い方をどうしていきたいかも含め、無理はしない判断をしていけばよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です