映画館デートでおすすめの席どこ?絶対に選んではいけない場所とは?

映画館

初デートの定番スポットいえば、映画館。

だお互いを深く知らず、会話が続くか不安だからこそ、共通の話題ができる映画デートはおすすめです。

そんな、初々しくも充実した時間を過ごせる映画デート。

肝心の初デートを楽しいものにするためには、事前準備、心構えが必要です!

映画デートの席はどこにするか、予約はした方がいいのか?

気になる点を、元映画館スタッフで映画好きの私が徹底解説いたしますね。

映画デートをする前に!希望の席は相手にも確認しておこう

まず大事なことは、映画デートの前に相手の希望の席を聞くことです。

ようやく映画デートできることになったら、それだけで心は既にワクワク。

しかし、より楽しく、好印象を得るためには、事前準備は欠かせませんよ。

映画館で席決めするデート中のカップルが、場所について揉め、気まずい雰囲気になることは意外とよくあります。

相手に、席のこだわりがあるかもしれないので、必ず事前に希望を確認しましょうね。

映画デートでおすすめの席は相手によって異なる!

面白いことに、映画館で座りたい席は人によって全く異なります。

人が隣にいない方がいいのか、スクリーンに対して中心がいいのか。

それぞれ価値観が違うので、「この席じゃないと!」と自分の気持ちを押し付けることのないよう気を付けましょう。

とはいえ、事前に映画館の席の場所について聞いた上で、明確な答えがなければ自分で判断する必要があります。

どの席にするか悩んでいる方は、相手のタイプ別に映画デートのおすすめの席をまとめましたのでぜひご覧ください。

相手のタイプ別!映画デートでおすすめの席をご紹介

「席選んでくれてありがとう!見やすくて楽しめた!」

そんな言葉がもらえたら、とっても嬉しいはず。頼りがいのある人だな、と思ってもらえるチャンスです!

印象に残る映画館デートにするための、おすすめの席を相手のタイプに合わせてご提案します!

相手の身長が低い→通路側

相手の身長が低いのであれば、映画館の席は通路側がおすすめです。

もし前に背が高いお客さんが座った場合、高低差はあるとはいえ頭が見えて少し気になることも。

通路側なら、角度によっては前の人を気にせずスクリーンに集中することができます。

あえて伝えることではないと、事前に席の希望について言わない方もいると思うので頭に入れておくと良いです。

映画デートに限らず、相手がより楽しめるような配慮が相手の心にきっと響いていくでしょう。

相手の身長が高い→ブロック最後列

相手の身長が高いのであれば、映画館の席はブロック最後列が良いです。

背が高い人は、自分が座ることによって後ろの人に迷惑になっていないか気にしています。

最後の列であれば、背の高いお相手も気兼ねなる映画を楽しめます。

背の高さにコンプレックスに感じている人だったら、この気遣いが好感度に繋がるかも。

相手がネガティブな気持ちになる可能性があるのなら、事前に回避しておくことが大事ですね。

相手も映画が大好き→中央

相手が映画好きな方なら、映画館の席の場所は断然中央の席にしましょう!

私も、映画館で映画を観るなら中央の席一択です。

周りに人がいる、いないに関わらず、映画に集中して楽しめる席が、映画好きにとっては一番。

映画デートで端の席は2人きりになれて良い気もしますが、映画好きの方の場合少し残念がってしまう可能性も?

集中して映画を楽しみ、鑑賞後に距離を深めてくださいね。

ゆったり映画を見たいなら→前に通路のある席

例えば仕事帰りのデートの場合。

心も体も疲れてゆっくりと映画を楽しみたいと思っているのであれば、前に通路のある席がおすすめ。

各ブロックの中央だと、足が伸ばせず窮屈さを感じます。

鞄や傘を足元に置くとさらに狭く感じ、見終わったころには体がガチガチ。

そんな状態では、鑑賞後に楽しく会話することも難しいかもしれません。

相手の前日や、会う前までの予定から、足元が広い席を選んであげるのも優しさですね。

3D映画の臨場感を楽しむなら→思い切って最前列

映画館の席で最前列に座ったことがある人は少ないのでは?

スクリーンが驚くほど大きく感じ、3D映画ならなお一層迫力も満点。

最前列に座らないと味わえない臨場感があります。

事前に相手に最前列についてどう思うか確認し、好印象であれば思い切って選んでみましょう。

2人で新しいことにチャレンジすると楽しい経験になり、思い出の映画デートになるでしょう!

カップル感を味わうなら→カップルシート

最近の映画館は、デートするカップル向けの席としてカップルシートがあります。

2人用のため、間に仕切りや腕置きがなく密着度もアップ!

2人だけの空間になるので、よりデート感が出てワクワクしますね。

付き合っていないのにカップルシートで良いのかと悩まれるかもしれませんが、これは気にしなくても大丈夫。

デートなのですから、カップルシートで問題ありません。

カップルシートにすることで、お互いの心の距離もぐっと近づくことでしょう。

特別感を演出するなら→プレミアムシート

カップルシートだけでなく、プレミアムシートという席を設置している映画館もあります。

上質な素材が使われ、通常よりも広く設計されており、特別な気持ちに浸れる席。

通常よりも料金が上がりますので、さらに特別感を演出できます。

もしデートでプレミアムシートを予約してくれていたら、「この人すごい!」と喜んでもらえること間違いなしです。

大事にしてもらえていると思ってもらえる機会になりますよ。

どんな相手でもこの席はダメ!映画デートにおすすめしない席

お相手別に、映画デートでおすすめの席をご紹介しました。

一方で、どんな方でも「この席は避けるべき」という席があります。

事前に頭に入れておいて、ネガティブな要素は回避していきましょう!

最前列

先ほど、おすすめの席で臨場感を味わうなら最前列とお伝えしました。

非日常感があり、アトラクションのような楽しみ方ができるからです。

ただ、ゆったりと映画を見たいのであれば避けるべき場所。

最前列の席は映画の内容に合わせ、相手にも確認したうえで選びましょう。

両端

たとえば、階段を挟んだ両端の席が空いている場合。

お互い席から出入りがしやすいですが、せっかくの映画デートです。

離れて座ったら、相手もがっかりしてしまうでしょう。

間違っても離れて座ることのないよう、ご注意ください。

映画デートの席が決まったら必ず予約を

以上、映画デートのおすすめの席、そして避けるべき席をまとめました。

ここで最も大事なことをお伝えします。

それは必ず、映画デート時は事前に席を予約しておくことです!

当日の混雑が読みづらい、映画館。

チケットを購入するのに行列に並び、選ぼうと思ったらほぼ満席ということが頻繁に起きます。

不穏な空気になって、映画を諦めるカップルの方を何組も見てきました。

初デートで好印象を得るためにも、事前予約をして行列を横目に「予約してあるよ」と言えると良いです!

映画デートは席だけでなく見る映画にも気配りを

映画デート時の席の場所について、詳しく解説しました。

続いては、選ぶ作品についての注意点を、3点まとめましたのでご覧ください。

公開当日はNG

「気になる映画が公開するから、見に行こう!」と誘いやすいのは、もうすぐ公開する映画ですよね。

話題作や、人気俳優出演の注目作等、早く観たい気持ちは分かりますが、公開当日はNG。

事前予約をしたとしても、大混雑が予想されます。

2〜3週経てば、お客さんの入りも大分落ち着きますので、より静かに映画を楽しめるでしょう。

基本は相手の好みのジャンルに合わせる

観る映画のジャンルは、事前に相手に確認をしましょう。

苦手なジャンルがあるかもしれません。

洋画なら字幕か吹替かも必ず確認が必要ですね。

デートを楽しむためには、映画の作品が2人にとって楽しめるものを選んでください。

R-指定の映画は避ける

映画館では、年齢指定がある作品も上映されています。

R-18は性的な表現などの描写があり初デートでは気まずい思いをすることも。

R-15も暴力的な描写や、ショックを感じるシーンがあります。

楽しい映画デートにするためにも、まずは避けておく方がベター。

映画デートに関するQ&A

最後に、映画デートをする上で事前に気になると思う点をまとめました。

楽しい思い出になるよう、心より応援しています!

Q.付き合う前の映画デートで手をつなぐのはどうなの?

付き合う前の映画デートで、手をつないでいいのか。

女性の気持ちとしては、もし手をつないでくれるのであれば「その日に告白もしてほしい」ということです。

「あの時、手を繋いでくれたのはどういう意味だったんだろう。」とずっと不安なままでいることになるからです。

よって、気持ちをちゃんと伝えるつもりであれば、付き合う前に手を繋ぐこともアリなのではないでしょうか。

Q.付き合う前の映画デートで脈アリの言動ってあるの?

映画デートを快く受け入れてくれているのであれば、脈はあります!

「この人ことをもっと知りたいな」と思っているからこそ、デートをするからです。

その上で、どれくらい好意があるのか。

例えば、ポップコーンや飲み物をシェアするのであれば、あなたを受け入れている証拠。

また、映画鑑賞中に寄り添うようにしてきたら、優しく反応してあげてください。

相手も勇気を出して行動に表しているので、アンテナを張りながらその勇気に応え、距離を縮めてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました