一人で映画館に行くならおすすめの席はどこ?選び方や楽しみ方を伝授します!

映画館

映画館といえば、素晴らしい音響と大迫力のスクリーン。

最近配信サービスが充実してきているとはいえ、映画館でしか味わえない良さがあります。

一方で、いざ映画館へ行こう!と思うものの、誰を誘おうか、好みが合うか、など悩ましく感じる時もありますよね。

それならば、思い切って一人映画デビューしてみませんか?

自分の観たい映画を、自由に楽しむ。

一人映画デビューの背中を押せるように、元映画館スタッフがおすすめの席や楽しみ方をご紹介いたします。

一人映画!映画館のおすすめの席はどこ?

映画館の席でおすすめなのは、一人の場合ならズバリ、左右エリアの通路側の席です。

映画館で働いた経験から、左右のエリアは他に比べて圧倒的に空席が目立ちました。

つまり、隣に人が座る可能性が最も低い場所。

一人映画館デビューにはぴったりの場所なのです!

かつ通路側の席を選べば、出入りが自由に出来るので周りに気兼ねすることなく過ごすことができます。

注意点は、スクリーンに対して若干横にズレて座ることになること。

もし気になる方は、より後ろの方の席を選ぶことでズレを感じにくくなるでしょう。

よって、お一人様の場合、映画館の席おすすめは左右エリアの通路側の席です。

一人で映画館に行くなら、この席はおすすめしない

先ほどは、映画館の席のおすすめ(お一人様の場合)をご紹介しました。

おすすめした席でなくても十分楽しめますが、他のエリアを選ぶ際には注意していただきたい点があります。

注意点3つをまとめましたので、ご覧ください。

最前列

映画館の席選びでは、一人でなくても最前列は避けた方が良いです。

一見、 周りに人が座る可能性は低く一人映画には良さそうですが、なんといっても見づらいです。

首を上げることによる、肩こり。

視線を大きく動かすことによる、目の疲れ。

さらに映像が乱れやすい映画では、酔ってしまう可能性も。

せっかく楽しもうと思ったのに、肩こり、目の疲れ、疲労が溜まったら悲しいですよね。

足を伸ばせるというメリットはありますが、選ぶ際には上記にご注意ください。

中央エリア

映画館の席でおすすめは、一人映画デビューでなければ、スクリーンに対して真っ直ぐにある中央エリアです。

しかし初めて一人映画をする場合は、避けた方がベター。

理由は、人気なエリアなので高確率で隣に人が座っている可能性があるからです。

想像してみてください。

一人映画デビューで心細い中、両隣に仲良しカップルや友人同士の楽しげなグループが座っていることを。

少し気まずい思いをするかもしれませんね。

中央エリアは、一人映画でも周りが気になら無くなってから選んでみてください。

中央の席

中央の席とは、スクリーンに対して一番真ん中の、通路から一番遠い席のこと。

首を真っ直ぐにしたまま、全体を見られるので人気な席ではあります。

しかし、通路から一番遠いため入退場時に席に着くまで、周りの人の足を避けながら進む必要が。

一人映画の時は、上映時間ギリギリに入場したい方もいるでしょう。

中央の席を選んでしまうと、「すみません」と言いながら一人で席にたどり着かないといけません。

目立ちますし、少し気まずい時間ですね。

逆に、早めに着席していたとしても、今度は退場に苦労します。

いつもエンドロールを見ずに退場される方は、周りの状況によっては足止めをされることも。

そしてエンドロール後まで座っていると、場内の電気が一気に点灯。

現実に戻り、楽しく感想を言い合っている人たちの間を、一人静かに歩くのは寂しさを感じるかもしれませんね。

薄暗い間に入場し、退場できるのが一番安心かと思います。

以上が、映画館の席でおすすめしにくい、一人映画デビューの席3つでした。

一人で映画館に行く時も席を予約するべき?

映画館の座席は、一人映画デビューの人はなおさら、事前予約をおすすめします。

よく映画デートをする際は、スマートに入場できるように席を事前予約するのが良いと聞きますよね。

一人映画の時の同じことが言えます。

特にロビーは、カップルや友人同士楽しく会話をして過ごすことが多い場所。

一人で映画館のロビーにいるのは、少し気おくれしてしまうかもしれません。

一人映画デビューは楽しい思い出にしていただきたいので、映画館の席は事前予約しスムーズに過ごしましょう。

気恥ずかしさなどを感じなくて済みますよ。

また席選びは重要なので、まだ席に余裕のある時に、事前にネットで選びたいですね。

映画館によって席を購入できる日などは、異なっていることが多いです。

映画館の案内に従い、一人映画デビューにおすすめした席を選んでみてください。

一人で映画館に行くなら曜日と時間帯を意識しよう

人の少ない席を選ぶのに加え、そもそも人が少ない時間帯を狙うのもおすすめします。

実は映画館には、そもそも人が少ない曜日や時間帯があるので、一人映画をする日の参考にしてください。

平日の朝一

一人映画なら平日の朝一がおすすめです。

映画館で働いた経験から、最も人が少ない時間帯は平日の朝一番でした。

話題作の公開初日の週は、平日の朝一でも多少混雑することもありますが、2~3週目からは落ち着きます。

都合が合えば、平日の朝一を狙ってみましょう。

平日の朝、早起きして映画を見ると一日がより充実して感じられて一石二鳥ですよ。

平日のレイトショー

一人映画なら平日レイトショーもおすすめ。

レイトショーとは、上映が20時台か21時台の映画のことで、終了時間が遅く人が集まりづらい上映時間のこと。

今では多くの映画館が、レイトショー割引をしており、お得感もあります。

会社帰りなど、タイミングが合えばいかがでしょうか?

番外編・土日、祝日の場合

土日・祝日は朝一、もしくはレイトショーでも混雑することが多いです。

それでも平日に映画館へ行けない方は、公開から数週間経ってから見に行くことをおすすめします。

公開直後に観たい気持ちもありますが、少し我慢。

大分、人が減って空いていきます。

一方で、待ちすぎて上映終了や都合のいい時間帯に上映されない等にならないよう、お気を付けくださいね。

一人で映画館に行く時の入退場タイミング

映画館の席を購入したら、いざ一人で映画館へ向かいましょう。

少し心細いと思うので、入場は上映前5分ぐらいがおすすめです。

開場と同時に入場すると、周りが友人や恋人と談笑している中、一人で歩き着席することになるので要注意。

また退場する際はエンドロールを最後まで見終えると場内は点灯します。

一気に現実に戻り、一人の心細さを感じやすくなるのでお気を付けください。

一人映画の流れと楽しみ方

最後に、まとめもかねて映画館の一人の楽しみ方をご紹介します。

1.席は必ず事前予約

一人映画の場合、おすすめの映画館の席は左右エリアの通路側です。

一人映画デビューの時には、なるべく最前列、中央エリア、中央の席を避けて席を選んでください。

そして映画館の席は事前予約して、一人でも不安にならず楽しめる席で映画を見ましょう。

時間帯は朝一か夜がおすすめ

周りに人が少ない方が、一人でも気持ち的に楽に映画を楽しめます。

比較的人が少ない時間帯は、 土日、平日どちらであっても朝一かレイトショー。

調整ができそうであれば、朝一かレイトショーの時間帯を選んでみてください。

出入りしやすい通路側を選ぼう

映画館の席でおすすめなのは、一人の場合では通路側の席。

出入りがしやすく、他のお客さんとの接触も少なく済むので、安心して一人映画を楽しめるためです。

入退場時に、周りの人のことを考えなくても良いのは気持ちが楽ですね。

最新映画は客入りが落ち着いてから見に行こう

映画館の座席購入時のおすすめとして、一人なら朝一か夜とお伝えしました。

人が比較的少ないからです。

その観点から、特に最新映画や話題作の場合公開初週に見に行くのは混雑するので避けましょう。

2~3週目ぐらいになって、客入りが落ち着いてから行くのが良いと思います。

◯◯デーを狙えば割引価格で映画を見れる

映画館の席を事前購入する時は、一人でなくとも割引を活用したいものですね。

女性の方はレディースデー。60歳以上の方はシルバー割引。夜の上映時間だとレイトショー割引等があります。

各劇場により割引制度は異なっているので、確認をしてから賢くチケット購入をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました